0

matlabの数値解析についての質問です。以下の二階微分方程式を数値解析的に解きたいです。ode45を使用して解いた自分のコードを添付しますがこれで正しいのか自信がありません。なんせode45のリファレンスに二階の一次連立微分方程式の解き方が載っていなかったので工夫して解けるようにしたものですから…。

そしてもし目的としていることとコードが対応していなければ、どう書き換えればいいのかお教えください。ode45にこだわっているわけではありませんので、何でもお教えください。では、よろしくお願いします。

数値的に解きたい微分方程式

%パラメーター
m=3
D=2
K=1
T=1
G=5

%変数
x, f

mx’’+Dx’+Kx=-f
Tf’ + f = Gx

% ode45は一階の微分方程式しか解けないようなので一度変数変換を挟み、一階の微分方程式に書き換えました。しかしそれだとプロットした時にx,f以外に、新たな変数も表示されてしまいとても見にくいです。むしろode45を使わない解法を探しています。

m=3
D=2
K=1
T=1
G=5

% 変数変換 [X=x’] を行なったため先ほどの微分方程式は [ X=x’ ][mX’+DX+Kx=-f][Tf’ + f = Gx]のように書き換えられます。

%F(1) = x, F(2) = X, F(3) = f と対応しております。
% 初期値x(0)=0.5, X(0)=0, f(0)=0です。

[t,F]=ode45(@(t,F)[F(2);(-F(3)-D*F(2)-K*F(1))/m;(G*F(1)+F(3))/T],[0,1],[0.5,0,0]);
plot(t,F);

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする