0

現在時刻から少しずらしたローカル通知がうまくいかない

Swiftで現在時刻から10秒時間をずらして通知を表示したい際にtriggerのDateComponentsのsecondsをいじってやりたいと思っていますが、通知が表示されません。triggerがnilである即時通知はうまくいきます。

動かないコード

let notificationContent = UNMutableNotificationContent()
notificationContent.title = "お知らせ"
notificationContent.body  = "通知内容"
notificationContent.sound = UNNotificationSound.default

let date = Date()
var dateComponent = Calendar.current.dateComponents(in: TimeZone.current, from: date)
dateComponent.second! = 10 // 現在時刻から10秒ずらす

let trigger = UNCalendarNotificationTrigger(dateMatching: dateComponent, repeats: false)
let request = UNNotificationRequest(identifier: "notification", content: notificationContent, trigger: trigger)
UNUserNotificationCenter.current().add(request, withCompletionHandler: nil)

動くコード(即時通知)

triggerをnilにして即時通知は動作してくれます。

let notificationContent = UNMutableNotificationContent()
notificationContent.title = "お知らせ"
notificationContent.body  = "通知内容"
notificationContent.sound = UNNotificationSound.default

let request = UNNotificationRequest(identifier: "notification", content: notificationContent, trigger: nil)
UNUserNotificationCenter.current().add(request, withCompletionHandler: nil)
1

現在のdateComponentを作るコード:

let date = Date()
var dateComponent = Calendar.current.dateComponents(in: TimeZone.current, from: date)
dateComponent.second! = 10 // 現在時刻から10秒ずらす

には、2点ほど大きな問題点があります。

  • dateComponent.second! = 10は「現在時刻から10秒ずらす」のではなく、「現在時刻の秒だけを10に書き換える」ものです

    例えば現在時刻の秒が20の時にこの処理で作られたdateComponentは過去の時刻を表すことになり、決してマッチすることはありません。

  • dateComponents(in:from:)で作成されるDateComponentsには、「時刻がマッチしたかどうか」の判定に必要以上の情報が含まれる

    print(dateComponent)としてやると、calendar: gregorian (current) timeZone: Asia/Tokyo (current) era: 1 year: 2021 month: 4 day: 12 hour: 23 minute: 9 second: 17 nanosecond: 925995945 weekday: 2 weekdayOrdinal: 2 quarter: 0 weekOfMonth: 3 weekOfYear: 15 yearForWeekOfYear: 2021 isLeapMonth: falseのような感じになります。一番まずいのはnanosecondまで含まれている点だと思われますが、条件が厳しくなりすぎて、やはりマッチすることはまずあり得ない状態になります。


「現在時刻から10秒後」を表すDateComponentsが欲しければ、例えばこんな風にします。

        let date = Date()
        let dateComponent = Calendar.current.dateComponents([.year, .month, .day, .hour, .minute, .second], from: date + 10) //<- 現在時刻から10秒後
        print(dateComponent) //-> year: 2021 month: 4 day: 12 hour: 23 minute: 25 second: 14 isLeapMonth: false 

実際に「現在時刻から10秒時間をずらして通知を表示したい」場合には、

        let trigger = UNTimeIntervalNotificationTrigger(timeInterval: 10, repeats: false)

のようにUNTimeIntervalNotificationTriggerを使うべきところでしょうが、今回はUNCalendarNotificationTriggerを使う練習ということでしょうか。

3
  • 意図を汲んでくださり、ありがとうございます。無事うまくいきました。[.year, .month, .day, .hour, .minute, .second]のところが長くなってしまうのが、気になるのですが、いい感じにできるのはないですかね?
    – zunda
    4月13日 15:44
  • @zunda さん、私の知る限りでは無いです。長いと言っても何十行にもなるわけじゃないですから、そのまま受け入れるか、自前でextensionを書くなどするしかないでしょう。
    – OOPer
    4月13日 19:55
  • わかりました。ありがとうございます。
    – zunda
    4月14日 10:36

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする