2

時刻を表現した文字列を、0時からの経過分数に変更したいと思っています。
具体的には 11:15であれば、11 * 60 + 15 = 675 という結果を得たいです。

a = ‘11:15’
tmp = a.split(‘:’)
result = int(tmp[0]) * 60 + int(tmp[1])

と書いてみましたが、ここで使用するためだけに一時的に変数に置くのも面倒かなと思いました。何かいい方法ありますでしょうか?

4
  • 読みにくくなるだけで良い方法とは言えませんが、sum(a * b for a, b in zip(map(int, a.split(':')), (60, 1))) とするなど。 – metropolis 4月5日 10:27
  • 1
    @metropolis なぜ回答ではなくコメントに書くのでしょうか?信用度もかなり高い方なのでなにか理由があるのかなと – Jogenara 4月5日 10:47
  • @Jogenara 良い方法ではない(はっきり言って辻褄合わせの悪手でしかない)からです。 – metropolis 4月5日 10:58
  • 面白い方法ですね。mapもzipも知りませんで、ググりながら理解しました。 – masa 4月6日 7:18
1
a = '11:15'
result = (lambda h,m: int(h)*60 + int(m))(*a.split(':'))
print(result)  # 675
2
  • a.split(':')の前に '*'を付けるのがポイントですね。よくわかりました。 – masa 4月6日 7:27
  • イテラブルアンパック演算子 * は重宝しますね。 – lehshell 4月6日 22:47
0

split()で文字列として分割するのでは無く、時間/時刻に関する情報として処理する方法も考えられます。

from datetime import *
midnight = datetime.strptime('00:00','%H:%M')

a = '11:15'
result = int((datetime.strptime(a,'%H:%M') - midnight).total_seconds() / 60)

print(result)
2
  • datetimeは日付+時刻のデータと思いますが、時刻のみのデータを扱う型ってあるんでしょうか? – masa 4月5日 22:59
  • その名の通りtime オブジェクトはあるのですが、これには文字列から変換するメソッドが無いんですね。文字列への変換は出来るのですが。 – kunif 4月5日 23:04
0

str.split() したものをリスト内包表記で処理するのも何かと面倒そうなので
@kunif 氏の回答同様, datetime を使った方法です

from datetime import timedelta,datetime

timedelta(**dict(zip(('hours', 'minutes', 'seconds'),
                     datetime.strptime('11:15', '%H:%M').timetuple()[3:6]))
         ).seconds /60

datetime.strptime().timetuple()[3:6] によって, 時, 分, 秒(念の為) の tuple を取り出し
timedelta のキーワード引数として, キーワードと共に与え
そこから全体の秒数を取り出して 60で割って「分」に直してます
(ていうか長いな…)


(追記)

datetime版の前に試した, pandas版も記しときます

import pandas as pd
print(pd.to_timedelta('11:15' + ':00').seconds/60)
0

lambda を使うというアイデアで:

a = '11:15'
print((lambda tmp: int(tmp[0]) * 60 + int(tmp[1]))(a.split(':')))

一応、tmp を lambda 内のローカル変数に閉じ込めただけの形なのですが、グローバルな名前空間は汚さなくて済むということでよければ。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする