2

事象

1.rhel7.5環境にてLVを作成
2.LV上にファイルシステムを作成
3.マウントポイント /usr9を作成
4./usr9にLVをマウント(コマンド入力ミス)
正) mount /dev/vg/lvol1 /usr9
誤) mount /dev/vg/lvol1 /usr

影響

/usr配下のコマンド実行不可。ほとんどのコマンドは、/usr配下をリンク参照。

対処

・pwdとechoが実行可能なことを確認。
・強制的にカーネルパニック実行によるリブート実施
echo c > /proc/sysrq-trigger

※顧客環境下のため、即時的にVM再起動は不可であり、苦肉の策でカーネルパニックにたどり着く。

確認したいこと

echoコマンド等が、上述の状況で実行可能であった理由を知りたい。

リブートによる復旧後、コマンドpathを調査したが/usr配下を参照していることがわかっている。

なお、busyboxの導入は未実施の環境。

2
  • 実行されたのは echo コマンドではなく、シェルのビルトイン・コマンドである echo なのだと思います(type echo を実行してみると判るかと)。 – metropolis 3月12日 13:22
  • ちなみに組み込みコマンド一覧は help – oriri 3月12日 13:23
2

原因

bash や zsh などのシェルには組み込みコマンドがあります。bashのベースとなった Bourne Shellにもありました。組み込みコマンドは, 当然? /usr/bin など参照しません。/usr が使えなくなっても利用可能です。(シェルが動いてる状態ならば)

組み込みコマンド

組み込みコマンドの一覧は help コマンドにて調べることができます。
また, type コマンドで組み込みか外部コマンドかを調べることもできます

$ type cd
cd はシェル組み込み関数です

$ type man
man は /usr/bin/man です

$ help
GNU bash, バージョン 5.0.17(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu)
これらのシェルコマンドは内部で定義されています。`help' と入力して一覧を参照してください。
`help 名前' と入力すると `名前' という関数のより詳しい説明が得られます。

〜 (以下略)

存在理由

組み込みコマンドになっている理由は, いくつかの場合があります。高速化, あるいはそもそも組み込みコマンドでないと実行できない場合も
(例えば cd コマンド … 外部コマンドだと実行終了後に元に戻ってしまうため)

1

シェル組み込みコマンド以外の例もあります。

/usr がいっぱいになったときにはシングルユーザーモードにして /usr のマウント先をいれかえたいわけです。 /usr のマウント先をいれかえている真っ最中は当然 /usr は存在しませんのでまさに提示の状況となります。こういう状況でもルートパーティション / 配下の /bin/sbin にあるコマンドは使えます。

っていうか /bin/sbin に格納してある各種コマンドは /usr 以下が無くても動作するよう敢えてスタティックリンクで作ってあるのです(少なくとも商用 UNIX ではそう)

野良ビルドしたバイナリはたいてい /usr 以下の共用ライブラリを使うよう ./configure されているので /usr がないと動きません。なのでインストール先も /usr/local とか /opt とかにしておき /bin 等を上書きしてしまわないように注意しておく必要があります。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする