2

WEBページにOAuth 2.0(OpenID Connect含まず)を利用したログイン機能を作成した場合に、
・ユーザー情報が変化しても一意に特定できるのか?どのように行うのか?
・仮に特定できないとした場合、変更前と同一ユーザーであることを確認する対処法があるのか?
の2点を知りたいです。

OpenID Connect非利用時のOAuth2.0の認可を利用した認証について勉強しています。
読んでいる本には、OAuth2.0を利用してメールアドレスやユーザーIDにアクセス認可を得られる人なら本人だろうから、認証・ログイン機能を作れる旨が書いてありました。
しかし、メールアドレスやユーザーIDを変更可能な認可プロバイダもあり、本の内容そのままでは、ユーザー情報を変更されてしまうと別ユーザーとして扱われてしまうような気がしてなりません。
変更された場合でも、変更前と同一ユーザーだと特定できるものなのですか?現実にはどのようにして行われているのでしょうか?
また、仮に特定できないのであれば、実際に運用されているサービスでは、一体どのようにして変更前後のユーザーが同一であることを確認しているでしょうか?

未だ知識や能力がWEBサービスを作る段階に達していないものの、どうしても気になってしまいます。
教えていただけないでしょうか、よろしくお願いします。

1

(回答順は前後しますが、)

・仮に特定できないとした場合、変更前と同一ユーザーであることを確認する対処法があるのか?

いわゆるソーシャルログイン機能を有していると自称している認可サーバ(兼リソースサーバ)であれば、何らかの不変なユーザ識別子の提供は行っているはずです。

・ユーザー情報が変化しても一意に特定できるのか?どのように行うのか?

これはspecで定義されているわけではないのでその認可サーバ(兼リソースサーバ)の実装に依ります。
例えばTwitterサービスでは(※OAuth1.0aだそうですが) メールアドレスともスクリーンネーム(注)とも異なる user_idという不変値でユーザを識別することになっているようです。
(注: Twitterサービスではメールアドレスもスクリーンネームも変更可能なのでこれらをユーザ識別子として採用していない)

ざっくり言うと、このようなユーザ識別子(sub)の提供義務をspecで謳っているのがOpenID Connectです。


逆に言えば、上記のような不変なユーザ識別子を提供していない認可サーバ(兼リソースサーバ)を用いてのソーシャルログイン機能実現は、質問文中で疑問視されている通り、不可能です。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする