0

現在、NanopiM4V2をmicroSDカードからbootさせて使用しています。
OSはArmbianを利用しています。ブートローダーはu-bootです。
u-bootの環境変数を変更(rootdelay)したく、以下の二点の方法を試しました。

  1. NanopiM4V2電源ON直後にコマンドを入力してu-bootコンソールにアクセス。
    その後、setenvで環境変数を変更。
  2. linux起動後に、u-boot-toolsを利用して環境変数を変更。

しかし、どちらの方法も以下のそれぞれの理由でうまく出来ません。

  1. saveenv を行うと "Saving Environment to MMC... Card did not respond to voltage select!" というエラーが出てセーブされません。
  2. /etc/fw_env.config を設定したいのですが、SDカードからbootしているため、/proc/mtdに記入すべきファイルサイズが表示されず、どこを見たらよいか分かりませんでした。

いろいろと検索して調べましたが、解決出来ませんでした。
上記どちらの方法でも構わないのですが、解決できる方法がわかる方がいらっしゃれば、お力をお借りしたいです。
私はLinux、マイコン、どちらも初心者です。もし必要な情報があれば質問いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする