0

Laravelの6.x以降で Illuminate\Queue\Console\WorkCommand のコンストラクタで第二引数が増えていました。

6.xより前

/**
 * Create a new queue work command.
 *
 * @param  \Illuminate\Queue\Worker  $worker
 * @return void
 */
public function __construct(Worker $worker)
{
    parent::__construct();

    $this->worker = $worker;
}

6.x以降

/**
 * Create a new queue work command.
 *
 * @param  \Illuminate\Queue\Worker  $worker
 * @param  \Illuminate\Contracts\Cache\Repository  $cache
 * @return void
 */
public function __construct(Worker $worker, Cache $cache)
{
    parent::__construct();

    $this->cache = $cache;

    $this->worker = $worker;
}

6.xより前のソースを見ると、以前は内部でキャッシュを指定していたようで、これを外部から設定するようになったようです。

protected function runWorker($connection, $queue)
{
    $this->worker->setCache($this->laravel['cache']->driver());

    return $this->worker->{$this->option('once') ? 'runNextJob' : 'daemon'}(
        $connection, $queue, $this->gatherWorkerOptions()
    );
}

このキャッシュをコンストラクタの第二引数として設定したいのですが、どこから該当するキャッシュを取得できるでしょうか?

1

app('cache.store') で取得できるのではないかと思います。

Illuminate\Foundation\Providers\ArtisanServiceProvider クラスの registerQueueWorkCommand メソッドでは、以下のように指定されているためです。

use Illuminate\Queue\Console\WorkCommand as QueueWorkCommand;

    // 中略

    $this->app->singleton('command.queue.work', function ($app) {
        return new QueueWorkCommand($app['queue.worker'], $app['cache.store']);
    });
2
  • 欲しかった情報はこれです!ありがとうございます! – user43973 3月1日 1:31
  • よかったです^ ^ – Lulucom 3月1日 7:02

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする