0

https://toshi0383.hatenablog.com/entry/2016/08/22/210124

RxSwiftにはbindToが大きく分けて2種類あります。
引数にobserverを取るものと、binderを取るものです。

とありました。上記ページにもbinderについての使い方の説明があるのですが、いまいち理解がまだできませんでした。

「bindToはsubscribeと同じ」という言及があって、アレそうだったっけ?と思って再度検証してみました。

とあるように、検索していても subscribe と同じと書いてあるページが多く引っかかり今知りたい binder の解説が見つけられません。

https://github.com/RxSwiftCommunity/RxDataSources

let data = Observable<[String]>.just(["first element", "second element", "third element"])

data.bind(to: tableView.rx.items(cellIdentifier: "Cell")) { index, model, cell in
  cell.textLabel?.text = model
}
.disposed(by: disposeBag)

binder を使ったものだと思うのですが、なぜ binder が必要なのか、わかっていません(お作法としてこうすることというくらいの理解)。

Xcodeでジャンプすると

public func bind<R1, R2>(to binder: (Self) -> (R1) -> R2, curriedArgument: R1) -> R2

という関数に飛びましたので、binder版が使われていると理解しています。

質問:
どのようなタイミングでbinderの方を使いたくなるのでしょうか?
RxDataSourcesはなぜ binderbind(to:) を使用しているのでしょうか?
(RxDataSourcesの使用例がわかれば、自然と、どんなタイミングでbinderbind(to:)を使うのか理解できそうな気がしています)

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする