1

cli 上で git のリポジトリを閲覧していると、たとえばコミットに対して、そのファイル一覧を tree した結果がほしくなる場合があります。(これは、 cli 上で普通に tree を利用したくなるのと同じ理由で、つまり閲覧性のためです)

素直にチェックアウトして tree したとすると、例えば .gitignore しているファイルたちまでその出力に含まれてしまうので、これは自分が今みたいと思っている、「git 管理対象のファイル一覧」ではなくなってしまいます。また、 git clean -xdf などを実施してしまうと、今度はプロジェクト用の設定ファイル (例えば .env など) まで消えてしまうので、これは避けたいと思っています。

git ls-tree -r TREEISH は、近いことができるものの、これはフルパスが表示されてしまい、ディレクトリ構造を把握するにあたっては tree 的な出力の方が見やすいので、可能ならば出力をそのようにしたいと考えています。

質問

git のコミット(そしてもし可能ならば treeish)に対して、その結果を tree したような結果を得るようなツールはありますか?

3

tree1.8.0--fromfile オプションが追加されたので tree 自体を使えます。

git ls-tree -r --name-only TREEISH | tree --fromfile .

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする