0

Dnsmasq における複数の脆弱性 (DNSpooq) に対応するため、バージョンを2.79から2.83にアップデートしようとしています。
しかし、RHEL8にて dnf update を行っても、2.83は含まれておらず、2.79が最新となっています。

リソースが以下にある事はわかったのですが、RPMパッケージではないため、RHEL8環境下で以下を用いてどのようにアップデートをすればいいか、方法がわかりません。
http://www.thekelleys.org.uk/dnsmasq/

ご教授いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

0

RHEL 向けのパッケージとしては、少なくとも CVE-2020-25681, CVE-2020-25684, CVE-2020-25685 に関しては「脆弱性へのパッチを古いバージョンに適用する」、バックポート と呼ばれる方法で対応が取られています。

dnsmasq 2.79-13.el8_3.1 - RedHat カスタマーポータル

2020-12-16 Petr Menšík pemensik@redhat.com - 2.79-13.1

  • Fix various issues in dnssec validation (CVE-2020-25681)
  • Accept responses only on correct sockets (CVE-2020-25684)
  • Use strong verification on queries (CVE-2020-25685)

ソースコードから自分でコンパイルしてインストールすることも可能ですが、rpm パッケージと混在すると管理が煩雑になるためお勧めしません。

0

RHSB-2021-001; DNSpooq - Multiple vulnerabilities within dnsmasq および RHSA-2021:0150 で説明されています。2.79にバックポートされているので、記載されているパッケージバージョンにあがっているかを確認しましょう。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする