0

Gktmmでテキストエディタを作っており、vimのようなキーバインドAlt+h|j|k|lでカーソル移動できるような機能を実現したいと思いました。現状は以下のようなコードでその機能を実現しています。

bool on_key_press_event(GdkEventKey* key_event) {
    if(key_event->state & GDK_MOD1_MASK) {
        static std::unordered_map<gunichar, guint> keymap {
                { 'h', GDK_KEY_Left }, { 'j', GDK_KEY_Down }, { 'k', GDK_KEY_Up }, { 'l', GDK_KEY_Right }
        };
        if(keymap.count(key_event->keyval)) {
            GdkKeymapKey* key;
            gint n_key;
            gdk_keymap_get_entries_for_keyval(this->get_display()->get_keymap(), keymap[key_event->keyval], &key, &n_key);
            key_event->keyval = keymap[key_event->keyval];
            key_event->hardware_keycode = key->keycode;
            key_event->state &= ~GDK_MOD1_MASK;
            g_free(key);

            return Gtk::TextView::on_key_press_event(key_event);
        }
    }
}

受け取ったイベント情報を書き換えて、元のイベントハンドラに受け渡すというようなコードです。この方法を取っている理由はGtk::TextBufferのplace_cursor関数で方向キーと同じ動作を実現するにはコードが必要以上に煩雑になってしまうからです。このコードでうまく動いているのですが、Gtkmmの穴をつくような実装な気がしていてあまり良いとは思えません。理想としてはWPFのEditingCommands(https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.windows.documents.editingcommands?view=net-5.0)のようなFramework側が用意したカーソルを簡単に制御できるようなもので実装したいですが、Gtkmmにはこのような関数、またはクラスは存在しているでしょうか。例えば以下のようなコードです。

bool on_key_press_event(GdkEventKey* key_event) {
    if(key_event->state & GDK_MOD1_MASK) {
        switch(key_event->keyval) {
        case 'h': cursor_move_left();
        case 'j': cursor_move_down();
        case 'k': cursor_move_up();
        case 'l': cursor_move_right();
        }
    }
    return true;
}

環境はUbuntu LTS18.04、Gtk+ 3.22.30です。よろしくお願いいたします。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする