3

管理者用初期化URLを踏んでWebサービスのデータをふっとばした話 - Qiita

上記の記事を読んでいました。そこでは、 rm してしまったファイルたちを、いろいろやって復旧させた作業の内容が記されています。

ここでふと疑問に思ったのが、どうして ext4 だと rm してしまったファイルたちは、復旧可能なのでしょうか?

また、記事中で復旧できなくなるのを防ぐために、ひとまずいろいろなプロセスを止めてディスクI/Oを防いでバックアップを取った、みたいな記述があったのですが、ここで逆に、どのタイミングになるとこれらファイルたちは復旧不可能になってしまうのでしょうか?

3

ext4 だから復旧できた」ではなく、「extundelete を使って復旧した」方に注目してみましょう。

参照しているページから参考リンクを順に辿っていくと、例えば以下のページで解説があり、extundelete では "パーティションのジャーナルを元に復旧を試みている" 事がわかります。

extundeleteによる削除済みファイルの復元方法

より深い理解のために(上級者向け)

(前略)
しかし,ext4/ext3では,inode上のファイル本体を格納していたブロックのアドレスやファイルサイズの情報がすべてクリアされてしまうのです.したがって,未割りあてになっているinodeを強引に読んで目的のファイルを復元してしまうという方法がとれません.

そのため,ext4/ext3では,(1)ファイルの特性を使って復元するか[例えばJPEGファイルは仕様上0xFFD8ではじまって0xFFD9で終わることがわかってるため,この情報を頼りに復元することができます],(2)ジャーナルのログエントリを利用して復元するかの2通りしかなく,かつ,いずれもext2の場合より復元できる確率も低く,精度も悪くなります.

なお、extundelete の配布ページにも同じような内容が記載されています。

extundelete uses information stored in the partition's journal to attempt to recover a file that has been deleted from the partition.

(訳)
extundelete では、パーティションのジャーナルに格納されている情報を使用して、パーティションから削除されたファイルの回復を試みます。

extundelete でも復旧が難しくなるタイミングは、元のファイルで使用していた inode が追跡できなかった、もしくは別のファイルで上書きされてしまったタイミング、ではないでしょうか。

Ubuntu で $ rm ~/.bashrc を実行してしまった

ただし、 inode が重複したりして追跡が出来なかったようなファイルは、最新の inode で復活されるので、目的のファイルが復活されない場合もあります。

3

回答にあらず単なる補足

この辺の話はブツが真にハードディスク(磁気メディア)である場合に限定です。いわゆる SSD フラッシュメモリデバイスである場合には「ファイルの削除」がファイルシステムの論理データの上書きで済まずに真に Trim つまりフラッシュメモリセルの消去を伴う場合があって、そうなるとファイル削除は即データ喪失になります。データが電気的消去済みなので復活のさせようがないわけです。
リードオンリーにマウントしなおして作業をしている最中であっても OS や操作員のあずかり知らぬところで SSD のメモリコントローラが wear leveling を行うこともあり得ます。そのため OS 上は書き込まない設定にしたつもりでもコントローラが同一論理セクタ番号を異なるフラッシュメモリセルに再マップする(=データ喪失する)ことがありえます。なので SSD では削除してしまったファイルの復旧は絶望的です。

上記のごとく extundelete でも原理的に復旧できないことがありうるので、そもそも消えてはならない・消えては困るデータは 別装置に バックアップしておくことが重要であるというのが教訓でしょうか。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする