0

環境
docker-compose.yml appコンテナ 
php:7.4-apache dbコンテナ 
mysql:5.5(MySQLのバージョンはHerokuアドオンのClearDBに合わせている)

エラー画面はこのような形です↓

Forbidden
You don't have permission to access this resource.

Apache/2.4.38 (Debian) Server at afternoon-atoll-83846.herokuapp.com Port 80

heroku logsでエラーログを確認したところ以下のようなエラーを発見いたしました。↓

[autoindex:error] [pid 21] [client 10.43.252.33:26285] AH01276: Cannot serve directory /var/www/html/: No matching DirectoryIndex (index.php,index.html) found, and server-generated directory index forbidden by Options directive

エラー文などから解読を試みましたが、解決の糸口が見つけられずにいます。お忙しいところ恐縮ではありますが何かご教示いただけないでしょうか。

エラーが発生するまでの流れはこちらになります↓
初めてのデプロイの際は上手くいく。
新しいアプリのデプロイをする際にchmodで権限を付与したら、どちらも立ち上がらなくなる。

追記
再度heroku logsでエラー表示しましたら少し違うエラーログが出力されました。

AH01276: Cannot serve directory /var/www/html/: No matching DirectoryIndex (index.php,index.html) found, and server-generated directory index forbidden by Options directive, referer: https://dashboard.heroku.com/

3つあるアプリの中の2つが動かない
1つは公式サイトにのっているサンプルアプリです。こちらは正常に動作します。

尚、前提知識のこの部分が足りない、もしかしたらこうなんじゃないか、質問の仕方を変えてみてはなどのお言葉でも有り難いのでよろしくお願いいたします!
レスポンスは基本早いです!

PHPファイル

Procfile

5
  • デプロイしたとありますが、最も重要などのようなPHPファイルを置いたかの情報がありません。なにをデプロイしましたか? – keitaro_so 20年12月28日 8:00
  • keitaro_so さん、PHPファイルとはこのような画像で大丈夫でしょうか。イメージとしましては、src/new.phpを開く流れを想定していました。 – sakuma 20年12月28日 8:16
  • ターミナルで、heroku openをすると一番上の403エラーがでました。 その時のURLは、こちらになります。 http://afternoon-atoll-83846.herokuapp.com/ URLを、http://afternoon-atoll-83846.herokuapp.com/memo/new.phpに書き直したところ表示できました! – sakuma 20年12月28日 8:39
  • Procfile 追記していただけますか? – Akihito KIRISAKI 20年12月29日 9:40
  • Akihito KIRISAKI さん、Procfileを追加いたしましたが、403エラーのままになってしまいまいます。 – sakuma 20年12月30日 1:43
0

ls -al をしながら .git のあるディレクトリを確かめてください。そのディレクトリに Procfile を置きこう書き換えましょう。

web: vendor/bin/heroku-php-apache2 <src への相対パス>

解説(興味あれば読んでみてね)

Heroku はソースコードが送られてくると compile というスクリプトが走ります。そこで PHP とそのライブラリの準備をします。ついでに Procfile を何も書かないと heroku-php-apache2 というスクリプトが走ります。

それで heroku-php-apache2 が走ると Apache(Web サーバー)の準備をして起動し、PHP が動くようにしてくれます。Web サーバーというのはどこか配信するディレクトリの出発点(ルートディレクトリ)がなければいけません。これが Procfile の引数を書かないとリポジトリのディレクトリ(.git ディレクトリのあるディレクトリ)になるよう設定されています。代わりに引数に相対パスを渡してあげるとリポジトリの開始地点からみたときのそのディレクトリになります。

そしてなぜいきなり /var/www/html/ という謎のディレクトリがでてくるのかというと、これも Apache の設定からくるものです。この Apache はディレクトリ名でアクセス(例えば https://example.net/foo/ というように最後尾にスラッシュがつく形)すると勝手に <リポジトリディレクトリ>/foo/ から index.phpindex.html を探し、その結果を表示するように設定されています。そしてその結果がないとデフォルトでは /var/www/html/ を探しに行くようになっています。/var/www/html/ はなにもおいてありませんのでエラーが出る、というわけです。

更に突っ込んだ話をすると探しものが見つからなかったので出すべきエラーは「404 Not found」じゃないの?となるかもしれませんが実は「403 Forbidden」であっています。昔の Web サーバーはディレクトリにアクセスするとそのディレクトリのファイルリスト一覧を返すようになっていました。しかしそれではセキュリティ上危険なため、Web サーバーの設定でファイルリストを見れなくするよう「禁止」したのです。

3
  • 解説大変ありがとうございます。何故Procfileが必要なのか、403 Forbiddenaは何故表示されるのか更に理解が深まりました。現状、.gitにProcfileを追加しましたが上手く表示できないままですがヒントから解決に向けて前向きに取り組めそうです。 – sakuma 20年12月30日 21:35
  • .git ディレクトリじゃなくて .git ディレクトリがあるディレクトリですよ! – Akihito KIRISAKI 20年12月31日 3:40
  • すみません!変更いたしました! – sakuma 20年12月31日 6:20

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする