1

https://ja.stackoverflow.com/a/72891/754 の質問を調べていく過程で、 RSA の秘密鍵は、その素数p, q 以外にも、いくつかの値を前もって計算しておくことで、復号化の処理を高速化しているのだ、という記述を見つけました。具体的には、この回答から抜粋すると以下です。

modulus:         n := p * q
publicExponent:  e := 65537  (==0x10001)
privateExponent: d := e^-1 mod LCM(p-1, q-1) ※LCM は 最小公倍数関数
prime1:          p
prime2:          q
exponent1:       dP := d mod (p-1)
exponent2:       dQ := d mod (q-1)
coefficient:     q_inv := q^(-1) mod p

このとき、 英語版 Wikipedia の記述に依れば、クライアントから送られてきた暗号文C == M^e に対して、以下の処理を行なうと、その結果 M' は、その実、RSA 暗号を復号化した原文(M)になっている、すなわち、 M' == (M^e)^d mod n == M が成立するそうです。

m1 := C^dP mod p
m2 := C^dQ mod q
h  := q_inv * (m1 - m2) mod p
M' := m2 + h * q mod n

ちょっと考えて、どうしてこのように計算すると M' == M が成立するのかが、自分には理解できていません。

質問

上記 RSA の復号化処理の高速化は、どうしてたしかに正しく復号ができているのでしょうか?

追記@2020/12/29

中国人剰余定理自体は理解していて、つまり、以下という認識です。

互いに素な数a, b があったとき、ある数x

  • x ≡ n_a mod a
  • x ≡ n_b mod b

を満たすとき、

x ≡ n mod (a * b)

が一意に存在する、ということです。この定理をどのように適用すると、この高速化が確かに正しい計算結果を得ていることになるのかが、分かっていないことです。

2
  • わからないのは定理自身でしょうか。定理のRSAへの適用でしょうか。
    – suzukis
    20年12月29日 7:42
  • @suzukis 追記しました
    – Yuki Inoue
    20年12月29日 7:49
1

1. C^d ≡ m1 mod p かつ C^d ≡ m2 mod q

まず、 C^d ≡ m1 mod p かつ C^d ≡ m2 mod qを示す。同様の証明となるため、p についてのみ示す。

1.1 Cp の倍数の場合

Cpの倍数であれば、C^dPpの倍数であるから、 m1 := C^dP ≡ 0 ≡ C^d mod p

1.2 Cp の倍数ではない場合

p は素数なので、Cp は互いに素。
フェルマーの小定理により、 C^(p-1)≡1 mod p
また定義より、ある数kが存在して、d = k*(p-1) + dP

mod p の下、
C^d = C^(k*(p-1) + dP) = (C^(p-1))^k * C^dP ≡ 1^k * C^dP = C^dP

よって、 C^d ≡ m1 mod p

2. 中国人剰余定理の適用

p != q であれば、中国人剰余定理の、具体的な計算をすればよくなる。この場合、その実、 hM' の計算は、 1. で表された前提に対して、中国人剰余定理を素直に適用しているに過ぎない。結果として計算される M' は、p*q を法として C^d と合同になる。

以下、証明を付けておくと、

今、 C^d ≡ m2 mod q より、あるkが存在して、C^d = k*q + m2.
これを p の方の合同式に代入して、

k*q + m2 ≡ m1 mod p

p は素数であり、素数体上の演算が可能なので、これについて解いて、

k ≡ (m1 - m2)*q_inv mod p = h

であって、よって、あるX が存在して、 k = X*p + h
k の定義代入しなおして、

C^d = (X*p + h)*q + m2 ≡ h*q + m2 mod p*q

以上より示された。
(p = q は、多分セキュリティ上の理由で、p, q 生成の段階ではじくべきだと考えられる。)

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする