0

環境は
Ubuntu 18.04
CUDA 9.0
Opencv 3.2.0

YOLOv3をGPUを使って利用しようと考えたのですが、makeでエラーが出ます。

自分のworkspace下にあるdarknetディレクトリに移動

$cd darknet
$emacs Makefile #GPU=1, CUDNN=1, OPENCV=1に変更
$make #ここでエラー

エラー内容

In file included from /usr/local/cuda/include/host_config.h:50:0,
                 from /usr/local/cuda/include/cuda_runtime.h:78,
                 from <command-line>:0:
/usr/local/cuda/include/crt/host_config.h:119:2: error: #error -- unsupported GNU version! gcc versions later than 6 are not supported!
 #error -- unsupported GNU version! gcc versions later than 6 are not supported!
  ^~~~~
compilation terminated due to -Wfatal-errors.
Makefile:92: recipe for target 'obj/convolutional_kernels.o' failed
make: *** [obj/convolutional_kernels.o] Error 1

色々サイトを見ながら試したことは、以下の二点になります

#NVCC=nvcc ここをコメントアウトして下の文を挿入
NVCC=/usr/local/cuda/bin/nvcc

②CUDA側のgccバージョンチェックを無効化

$ sudo vi /usr/include/crt/host_config.h 

で開いたファイル内で以下のようにエラー文をコメントアウトすること

#error -- unsupported GNU version! gcc versions later than 6 are not supported!


これに関しては、ファイルを開いても何も書かれていない空白なファイルだったのでできませんでした。

GPU=0
CUDNN=0

にしてmakeし直すとエラーは出ないです。

参考になるソースがそもそも少ないのでとても困っています。

1
  • ` gcc versions later than 6 are not supported!` と表示されていますので、gcc-5 パッケージをインストールして、それを使ってコンパイルを行なう様に変更するとよろしいかと思います。 – metropolis 20年12月14日 10:45

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする