0

Spresenseを使用してArduino-IDE環境にてプログラムを作っています。
Spresenseをソフトウェアシリアルにて、電圧レベル変換を通してESP32のWifi機能をATコマンドモードにて操作しています。

質問
通信速度を上げるとデータが化ける場合があります。

2.17. Software Serial ライブラリ | Spresense Arduino 開発ガイド

上記の開発ガイドでは、通信速度が「最大の転送レートは 250,000bps」とあります。
しかし、速度が19,200bps程度までしかうまく通信ができず、38,400bpsなどではデータが化けてしまいます。
同じ構成でハードウェアシリアルでは115,200bpsなどでもうまく動作できているのですが実際の構成(LTE拡張)では使えません。
ソフトウェアシリアルはRXとTXにD9,D3を使用しています。
一般のArduinoでもあまり速度は上げられないようですが、spresenseも同じなのでしょうか。
250,000bpsとまでは言いませんが、何か改善する方法が無いのでしょうか。

読み込み部コード

SoftwareSerial  wifi_serial(9, 3);
wifi_serial.begin(38400);
while(1){
  if (wifi_serial.available()){
    Serial.write(wifi_serial.read());
  }
}

開発環境
・spresense本体+spresense lte拡張ボード+ESP32
・Arduino IDE

2
  • ソフトウエアシリアルは 19200bps で受信できれば御の字(送信のみならマニュアルで歌っている 250000bps もできるだろうが)まあ常識的に無理っス
    – 774RR
    20年10月22日 3:20
  • 情報ありがとうございます。SPRESENSEは一般のArduinoとは違うと考えてここまで高速なのかと思い、公開されている情報から他の部品の構成を行ったのですが、1/10ほどの速度は辛い…
    – tanaka
    20年10月22日 4:51

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする