0

swiftで別storybordからコピー&ペーストしたコードについたコネクト接続の解除をするにはコード上の丸をどのようにしたらいいですか? IF側は表示できません

| この質問を改善する | |
  • 1
    第一文は、なにを話題(主題)にしている文なのか、わかりません。英語と異なり、日本語は主語がなくても文が成立すると、よく言われますが、それは主題を主語として提示していないだけのことで、なにを対象にして語っているのか、明解でなければ、その文は成立していないということになります。高校の現代国語のレベルで、第一文を解析してみると、主題は「コード」か「コネクト接続」のどちらかになりそうですが、どちらかに断定することができません。このようなわかりにくい(というより、わからない)文を書かない、即効薬は、できるだけ一文を短くすることです。第一文は、おそらく5文くらいに分割できそうですね。それと第2文の「IF」とはなんですか?省略語の使用をできるだけ避けるのも、伝わりやすい文を書くテクニックです。 – nagonsoftware 10月19日 7:19
0

コードエディタと、Storyboardの間のコネクション(Connection)を解除する方法。

このようにご質問の趣旨を理解させていただいた上で、回答をします。もしそういう趣旨でないのであれば、コメントでお知らせいただくか、質問文を編集して、お書き換えください。


コネクション解除の方法を、ふたつ説明します。
最初は、Connections Inspectorを使用します。

接続しているオブジェクト(UILabel、UIImageView、UITableViewなどなど)を選択して、Connections Inspectorを開きます。下図のようにコネクションが表示されますので、✖︎アイコンをクリックして、接続を解除します。

画像の説明をここに入力

次は右クリック(Controlキー+クリック)を使ったものです。

画像の説明をここに入力

接続を解除したいオブジェクトを右クリックすると、Connections Inspectorと同じ小窓が開きますから、それで同様に解除します。


以上、接続の解除は、いずれもStoryboard上で行います。接続を行う時、Storyboardとコードエディタのペインを開いて、操作するので、なんとなくコードエディタでも接続解除できそうな気になりますが、それはできないようです。それは考察を加えてみるとわかります。コード上の@IBOutlet@IBActionとStoryboardのオブジェクトの接続情報は、プロジェクトのどこに書き込まれて保存されるのか?すこし調べてみます。
Project NavigatorのStoryboard書類を、右クリック(Control + クリック)してプルダウンメニューを出し、「Open as Source Code」を選びます。

画像の説明をここに入力

Storyboard書類の実体が、XML形式のファイルであることがわかります。その一部を抜粋すると……

<viewController id="BYZ-38-t0r" customClass="ViewController" customModule="GestureTest" customModuleProvider="target" sceneMemberID="viewController">
    <view key="view" contentMode="scaleToFill" id="8bC-Xf-vdC">
        <rect key="frame" x="0.0" y="0.0" width="414" height="896"/>
        <autoresizingMask key="autoresizingMask" widthSizable="YES" heightSizable="YES"/>
        <subviews>
            <imageView clipsSubviews="YES" userInteractionEnabled="NO" contentMode="scaleAspectFit" fixedFrame="YES" image="Baseball.png" translatesAutoresizingMaskIntoConstraints="NO" id="VMj-nc-WUJ">
                <rect key="frame" x="143" y="384" width="129" height="129"/>
                <autoresizingMask key="autoresizingMask" flexibleMaxX="YES" flexibleMaxY="YES"/>
            </imageView>
        </subviews>
        <viewLayoutGuide key="safeArea" id="6Tk-OE-BBY"/>
        <color key="backgroundColor" systemColor="systemBackgroundColor"/>
    </view>
    <connections>
        <outlet property="imageView" destination="VMj-nc-WUJ" id="6Vr-Aw-kRh"/>
    </connections>
</viewController>

<connections>タグが含まれ、接続の情報が記述されているのを、見つけることができます。このことから、プロジェクト内の接続の情報は、Storyboard書類に記述され、保存されていることがわかりました。

コードエディタ上で、@IBOutletのプロパティあるいは@IBActionのメソッドが接続状態になっているのに、対象となるStoryboard書類がないということがありえないということも、このことからわかります。一見Storyboard書類がないと思えても、探せば見つかるはずです。
探し方はかんたんです。
コードエディタ上の、接続状態を示す◉アイコンを、Command + クリックしてください。

画像の説明をここに入力

小窓に、対象のStoryboard書類と、対になるオブジェクトが表示され、それをクリックすると、Storyboard書類が開きます。

| この回答を改善する | |
  • ご回答ありがとうございます 最後の文のように コード上で接続解除したいです ですが むりのようなので ありがとうございます – nono 10月19日 11:59

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする