0

モナドについてSwiftで説明してみた - Qiita

モナド則を崩してしまう例が知りたい のときにつくったHaskellのモナド則をもとに、下記コードを書きました。

import Foundation

let f = { (x: Int) -> Optional<Int> in
    return Optional(x + 1)
}

let g = { (x: Int) -> Optional<Int> in
    return Optional(x * 2)
}

// 左恒等性確認
print((Optional(1)).flatMap(f))
print(f(1))

// 右恒等性
print(Optional(1).flatMap { Optional($0) })
print(Optional(1))

// 結合法則
print(Optional(1).flatMap(f).flatMap(g))
print(Optional(1).flatMap { f($0).flatMap(g) })

結果

Optional(2)
Optional(2)
Optional(1)
Optional(1)
Optional(4)
Optional(4)

このことより、オプショナルはモナド則を満たしていると言えますよね?
モナド則を満たしているかどかの判定方法が初めてなので、他に反例(?)があるのであれば知りたいです。

正直Haskellのreturnに相当するものをどう表現したらいいか悩んでおり、以下のようにreturnに相当するrを用いても書いてみました。

import Foundation

let f = { (x: Int) -> Optional<Int> in
    return Optional(x + 1)
}

let g = { (x: Int) -> Optional<Int> in
    return Optional(x * 2)
}

let r = { (x: Int) -> Optional<Int> in
    return Optional(x)
}

// 左恒等性確認
print(r(1).flatMap(f))
print(f(1))

// 右恒等性
print(Optional(1).flatMap { r($0) })
print(Optional(1))

// 結合法則
print(Optional(1).flatMap(f).flatMap(g))
print(Optional(1).flatMap { f($0).flatMap(g) })

結果

Optional(2)
Optional(2)
Optional(1)
Optional(1)
Optional(4)
Optional(4)

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする