1

データ型の1番目の要素にアクセスするにはどうすればいいんでしょうか? で質問したとおり、Haskellではデータを取り出すときにパターンマッチによる方法しか取り出し方がない場合があるようです。

例(上記リンク回答より):

data Shape = Rect Double Double
getX (Rect x y) = x
getX (Rect 1.0 2.0)

さてHakellは圏論に基づいて言語が作られているようですが、このパターンマッチングは圏論でいうとどこの部分なのでしょうか?

質問の背景
Haskellの勉強は昔からすこしやっては、よくわからなくなり、このパターンマッチングがすんなり理解できたのもSwiftのOptionalでアンラップを体験したことからでした。

SwiftのOptionalのアンラップの解説

こうなってくると、このデータの取り出し方(アンラップ)はよく使われる言語として、HaskellだけではなくてSwiftでもよく目にするようになってきており、メジャーなプログラム的技法ということになってきたのではないかと考えております。またこの技法(アンラップ)はSwfitだけでなくKotlinにもあります。

(私は勝手にこのアンラップとパターンマッチングの方法が似ているなと思っているのですが、Swiftはおそらく圏論の影響はうけていないので、もしかしたら全く違うものなのかもしれません。というかオプショナルとパターンマッチングはあんまり関係なくてどっちかというと Swiftの付属型enumのswitch内のデータの取り出し方のほうがパターンマッチぽいかも)

検索してみると 圏論プログラミング言語 CPL - Ryusei’s Notes (a.k.a. M59のブログ) に

それでは、仲介射は何に対応するのか。HaskellのEither型には、either :: (a -> c) -> (b -> c) -> Either a b -> cという関数が定義されていますけど、これがCPLのcoprodのcaseに相当します。f : A -> C, g : B -> Cのとき、case(f,g) : coprod(A,B) -> Cです。

とあり、CPLを今はじめてみたので、なんとも判断つかないのですが、パターンマッチングによるデータの取り出しはこの 仲介射 なのかと疑問に思ったところです。

そもそも圏論についての勉強が基礎から必要になってくるかもしれないのですが、このパターンマッチングによるデータ取り出しがそもそも圏論と関係ないのであれば、いま知りたいこととは関係なくなってしまうので、まず関係あるのかどうか知りたいという感じです。

ちょっとアンラップとパターンマッチングの2つの技法が登場しているので、どっちに焦点をあてたらよいのか自分でもよくわからなくなってきましたが(今回のHaskellの例だとデータを取り出す(アンラップ)のためにパターンマッチングを使わざるをえない)なんとなくパターンマッチングのほうが圏論ぽい気がしていますので、パターンマッチングが圏論に関係があるのかどうかを聞くことしたほうが良い気がしています。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする