0

箱で考えるFunctor、ApplicativeそしてMonad - Qiita

Maybeの定義が載っていました。

class Monad m where    
    (>>=) :: m a -> (a -> m b) -> m b

そして

Functors, Applicative Functors and Monoids - Learn You a Haskell for Great Good!

Functorの定義が載っていました。

class Functor f where  
    fmap :: (a -> b) -> f a -> f b

このmfが何をさしているのかわかりません。

以前した質問で 私は Changeable という type class を実装してみました。
今回の質問に必要なところを再掲します。

data Color = Red | Green

class Changeable a where
  change :: a -> a

instance Changeable Color where
  change Red = Green
  change Green = Red

上記のように Color型 を作って、change関数によって RedならGreenに入れかえ、GreenならRedに入れ替えるというプログラムになっています。

ここで Monad とまったく同じ形をした MyMonad というのを使って感覚をつかもうとしました。

class MyMonad m where
  (>>>) :: m a -> (a -> m b) -> m b

まず上記のように書いて、次に Color に適合(これはSwiftでProtocolを実装するときに使う単語です。Haskellではなんというのか知らないので知っていたら教えてほしいです)してみようとしました。

instance MyMonad Color where
  >>>

ここまで書いてみて手がとまってしまいました。

箱で考えるFunctor、ApplicativeそしてMonad - Qiita を見てみると Monad を Maybe に適合させた書き方は下記になっていました。

instance Monad Maybe where
    Nothing >>= func = Nothing
    Just val >>= func  = func val

NothingJust>>= の左側に書かれています! ちょっと instance Changeable の応用で書けそうにありませんでした。

class Changeable a where
  change :: a -> a

の場合は a は Color に適合した場合 Color を表すことになると思うのですが、 class Functor ffclass MyMonad mm はどのように解釈したらいいのでしょうか? そしてこれらを適合させている instance の記法は一体どういう仕組になっているのでしょうか?

もしかしたら Color型ではなくて、こちらで質問したときに使った自前のMaybeぽいものMayNull型のほうが、回答を得やすいかもしれないので、本質問に再掲します。

data MayNull a = Have a | Null deriving Show

必要そうであれば、Color型MyMonadを適合するのではなく、MayNull型に適合する形で使用していただけると私の理解が深まるかもしれないので助かります。

ちなみに使い方はわかっているつもりです。

hoge = Just 1  -- Justにラップされた1をhogeに代入

inc x = x + 1  -- xを受け取り+1して返す関数
incWrapedJust x = Just(x + 1) -- xを受け取り+1してJustでラップして返す関数

hoge >>= incWrapedJust -- hogeをアンラップしたものを引数として使ってJustで返す
inc <$> hoge -- incはJustを受け取れないかつJustを返せないけどJustを渡せるしJustで返せる
1
  • 「適合」はHaskellなら「実装」と呼びますね。 – YAMAMOTO Yuji 20年9月1日 11:24
2

これはドキュメントを眺めるとわかりやすいかもしれません。

MonadInstancesのところにMonad mの形をしたものが並んでいますが、mに当たるものはすべて型を一つ引数に取る型構築子になっています。面白いのは(自身は2つ型を取る)Eitherで部分適用を行っています。

 instance Monad (Either e) where
    Left  l >>= _ = Left l
    Right r >>= k = k r

そのためColorMyMonadのインスタンスにすることはできません。MayNullの方は例えば次のように書けるでしょうか。

instance MyMonad MayNull where
    -- 実装はMaybeの模倣
    (Have x) >>> f = f x
    Null >>> _ = Null

ただドキュメントにあるように、標準ライブラリのMonadクラスはmApplicativeクラスのインスタンスであることと、「モナド則」を満たす必要があることに注意してください。特に後者はコンパイラがチェックしてくれないので、プログラマの責任で正しく実装しなければなりません。


「適合」に相当する用語はちょっとでてこないのですが

instance A B where

みたいに書いた時、「型Bは型クラスAのインスタンスである」という言い方はします。

1
  • なんとなく自分で定義した名前を使っていただけたので、理解が深まった気がします – shingo.nakanishi 20年9月1日 11:25
1

Nothing と Just が >>= の左側に書かれています!

についてはまだ回答で言及がなかったので補足すると、Haskellにおいて演算子を定義するときはそのように書くことができます。
一般に、

instance SomeTypeClass SomeType where
  ...

...の部分に書くことができるものは、関数を定義するときに書けるものと(細かい違いはありますが)概ね同じです。

なので、仮に>>=Monad型クラスのメソッドではなく普通の関数だとしたら、

module SomeModule where

...

(>>=) :: Maybe a -> (a -> Maybe b) -> Maybe b
Nothing >>= func = Nothing
Just val >>= func  = func val

と、モジュールのトップレベルに書いたり、

let Nothing >>= func = Nothing
    Just val >>= func = func val
 in
  ...

と、letwhereを使って、ローカル変数の定義でも上記のように書くことができます。

ちなみに、演算子の定義方法には、もう少し親しみのある(?)、カッコで囲って前置記法にする方法もあります:

(>>=) :: Maybe a -> (a -> Maybe b) -> Maybe b
(>>=) Nothing func = Nothing
(>>=) (Just val) func  = func val
--    ^ Just val をカッコで囲う必要がある点に注意

こちらは Nothing >>= func = ... などと中置記法で書く方法と全く意味は変わりません。

3
  • class Monad m where (>>=) :: m a -> (a -> m b) -> m b と定義されているのにその実装側では Nothing >>= func = Nothing というように中間演算子的な実装で書いて良いんでしょうか? つまり定義と実装で書き方が変わってもいいんですか? – shingo.nakanishi 20年9月1日 12:33
  • はい、全く問題ありません。というか、型定義ではそちらの書き方しかできなくなっているのでやむを得ず異なってしまいます。 – YAMAMOTO Yuji 20年9月1日 12:38
  • "型定義ではそちらの書き方しかできなくなっているのでやむを得ず異なってしまいます" なるほど。こういう事情があったんですね。 – shingo.nakanishi 20年9月1日 12:40

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする