0

Encryption/ViewController.swiftに暗号化の設定方法が2つ記載されていますが、何か違いはあるのでしょうか?

// getkeyで設定
let configuration = Realm.Configuration(encryptionKey: getKey() as Data)

// 直接設定
let configuration = Realm.Configuration(encryptionKey: "1234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234".data(using: String.Encoding.utf8, allowLossyConversion: false))

また、getkeyで設定している場合、Realm Studio で閲覧することができませんでした。
特に違いがないようであれば、直接設定で暗号化したいと思うのですが何か問題はありますか?

| この質問を改善する | |
1

暗号化キーは64バイトのバイト列であればなんでもいいのでどちらのやり方でも問題ありません。

ただ、

getkeyで設定している場合、Realm Studio で閲覧することができませんでした。

ということから、おそらくgetKey()メソッドの処理を勘違いされています。

getKey()メソッドはまず最初にKeychainに保存されている暗号化キーを検索して、すでに保存されたキーがあればそれを使ってRealmを復号します。

保存されたキーがなければ(=最初にRealmファイルを作成するとき)新しく ランダムな 暗号化キーを生成して、Keychainに保存した上で戻り値として返します。

おそらくKeychainに保存する際の検索キーとしての文字列

let keychainIdentifier = "io.Realm.EncryptionExampleKey"

^ この部分を暗号化キーと勘違いされたのかと存じます。
これはKeychainの検索キーにすぎなくて、getKey()メソッドが生成する実際の暗号化キーは毎回変わるランダムなバイト列です。

このサンプルコードはおそらくそのままコードをコピーして使っても大きな問題が起こらないように実際のユースケースに即して作られています。

つまり、データを復号できるのはユーザー本人だけ、アプリの開発元はそもそも暗号化キーがわからないので(Keychainに保存されているものを確認しない限り)開発元もデータを確認できないということを前提に作られています。

| この回答を改善する | |
  • getKey()メソッドの処理を勘違いしておりました。 ご回答ありがとうございます。 – regokuri 8月26日 2:16

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする