1

docker image ls の様子

% docker image ls             
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
centos              latestapache01      4fbc5b50cf6d        3 days ago          237MB
centos              latest              0d120b6ccaa8        8 days ago          215MB
hoge01              latest              0d120b6ccaa8        8 days ago          215MB
i_hoge01            latest              0d120b6ccaa8        8 days ago          215MB
getting-started     latest              c6f3fc063e7b        2 weeks ago         179MB
docker101tutorial   latest              85a75376a466        3 weeks ago         26.8MB
<none>              <none>              f7d69a360512        3 weeks ago         110MB
node                12-alpine           18f4bc975732        3 weeks ago         89.3MB
ubuntu              latest              1e4467b07108        3 weeks ago         73.9MB
ex                  latest              1e4467b07108        3 weeks ago         73.9MB
hoge                latest              1e4467b07108        3 weeks ago         73.9MB
hogehoge            latest              1e4467b07108        3 weeks ago         73.9MB
python              alpine              f8a57363ff96        4 weeks ago         80.3MB
nginx               alpine              ecd67fe340f9        5 weeks ago         21.6MB
centos              7.5.1804            cf49811e3cdb        17 months ago       200MB

docker image rm イメージID の様子

下記のように docker image rm にイメージIDを渡したところ何かがたくさんDeleteされたような出力がありました?どういうことなんでしょうか?

% docker image rm c6f3fc063e7b
Untagged: getting-started:latest
Deleted: sha256:c6f3fc063e7b9b341c064188fb69fa770138b266909ca32ee9d4c5d977f3dfda
Deleted: sha256:496bbddd881494c313dd736734861d1a3e506a2a9e4187832dc2f3d8df7e7c11
Deleted: sha256:fec59b5454930ada4ee5fa33239869ac3a0fdf7217078aa8c9f0e4022d296342
Deleted: sha256:ace75ab33f0c71f6dfd88d2e5ecdcf954f1a6de22dcf595735a3128f6a6e6f77
Deleted: sha256:b7eab0de9eff73753e816ac7f645c27283d3669438a75c20f666a04044dec3b8
Deleted: sha256:9782bb20d86e87c86aea4ce6bc5961c550889bd79e492e99aff12179c756ba36
Deleted: sha256:5130f438bb63fbcf0d0770271261dde409fa34dd20d39bc751835ed9b2fe1377
| この質問を改善する | |
3

Docker イメージは レイヤー構造 を持っており、Dockerfile からビルドする時に FROM で指定する「ベースイメージ」に加えて RUN など記述した命令の結果がレイヤとして作成されます。

削除時に表示されているのは、これらのレイヤー情報 (中間ファイル) だと思います。

(コンテナイメージを pull するときも、ほとんどの場合は複数のハッシュ値が表示されていますよね?)

参考:

  • Dockerイメージとコンテナの削除方法 - Qiita

    なんでこんなにいっぱいのファイルが削除されるんだろう?と思ったら中間ファイルらしい。
    docker images -a で中間ファイルが確認できる。

  • Dockerイメージのレイヤの考え方とイメージの軽量化について

    Dockerイメージを作成する際は、Dockerfileに記述された手順に沿って、1つのイメージを作成することになります。このとき作成されたイメージはレイヤ構造をしており、1つのレイヤは手順書中の1つ手順に該当します。そのため手順が1つ増える毎に新たなレイヤが追加されて いくことになります。また、このレイヤ構造はコンテナの実行時にもそのレイヤ構想は保持されています。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする