0

MySQLのドキュメント(英語 日本語)では、このようなルールが取り上げられます。

If a duplicate-key error occurs, a shared lock on the duplicate index record is set. This use of a shared lock can result in deadlock should there be multiple sessions trying to insert the same row if another session already has an exclusive lock. ...

...

INSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATE differs from a simple INSERT in that an exclusive lock rather than a shared lock is placed on the row to be updated when a duplicate-key error occurs.

しかし、InnoDBは何故そういったロックをかけなければならないのでしょうか。

この質問(https://stackoverflow.com/questions/21111676/mysql-duplicate-key-error-causes-a-shared-lock-set-on-the-duplicate-index-record)の答えでは、1つの理由が述べられましたが、SかXのNext-Key Lockは他の問題をもたらしてしまったようです。

SかXのNext-Key Lockは、重複したインデックスレコードそのものの挿入を阻止するだけではなく、そのギャップ内への挿入も阻止しまいます。例えば、

CREATE TABLE `t` (
  `id` int NOT NULL AUTO_INCREMENT,
  `c` int DEFAULT NULL,
  `d` int DEFAULT NULL,
  PRIMARY KEY (`id`),
  UNIQUE KEY `uniq_idx_c` (`c`)
) ENGINE=InnoDB AUTO_INCREMENT=1 DEFAULT CHARSET=utf8mb4

mysql> select * from t;
+----+------+------+
| id | c    | d    |
+----+------+------+
| 30 |   10 |   10 |
| 36 |  100 |  100 |
+----+------+------+

mysql> show variables like '%iso%';
+-----------------------+-----------------+
| Variable_name         | Value           |
+-----------------------+-----------------+
| transaction_isolation | REPEATABLE-READ |
+-----------------------+-----------------+
1 row in set (0.41 sec)

# Transaction 1
mysql> begin;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> insert into t values (null, 100, 100);
ERROR 1062 (23000): Duplicate entry '100' for key 't.uniq_idx_c'

# not commit

ここでは、Transaction 1は既に(10, 100]というSのNext Key Lockをインデックスuniq_idx_cにかけました。そして、他のTransactionを立ち上げます。

# Transcation 2
mysql> insert into t values(null, 95, 95);
ERROR 1205 (HY000): Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction
mysql> insert into t values(null, 20, 20);
ERROR 1205 (HY000): Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction
mysql> insert into t values(null, 50, 50);
ERROR 1205 (HY000): Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction

c=100の行はもちろん、10 < c < 100という範囲にある値を挿入してみれば、そのINSERT文がTransaction 1のロックの解放を待っているため、ブロックされました。

もしInnoDBは重複キーエラーの発生をもたらした1つの行(厳密に言えば、インデックスレコード、この例では、| 36 | 100 | 100 |という行)を保護したいが(他の同時的に動いているTranscationからの削除や変更を防ぐように)、なぜその1行のみにロックをかけなく、その行の前のギャップさえかけなければならないのでしょうか。

関連したソースコード(https://github.com/mysql/mysql-server/blob/f8cdce86448a211511e8a039c62580ae16cb96f5/storage/innobase/row/row0ins.cc#L1930)を読みましたら、InnoDBが重複キーエラーが発生すると、INSERT文の種類によって、確かにSかXのNext-Key Lockをかけるということが分かります。

if (flags & BTR_NO_LOCKING_FLAG) {
    /* Set no locks when applying log
    in online table rebuild. */
} else if (allow_duplicates) {
... ...
      
    /* If the SQL-query will update or replace duplicate key we will take
     X-lock for duplicates ( REPLACE, LOAD DATAFILE REPLACE, INSERT ON
     DUPLICATE KEY UPDATE). */
    err = row_ins_set_rec_lock(LOCK_X, lock_type, block, rec, index, offsets, thr);
 } else {
... ...
    err = row_ins_set_rec_lock(LOCK_S, lock_type, block, rec, index, offsets, thr);
}

| この質問を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする