4

vscodeでpythonのコードを書いています。最近のアップデートの影響か、次のような現象が起きています:

  • vscodeでpythonファイル(???.py)を編集するために開くと、短いときで十数秒、長いときで数分、vscodeのウインドウ自体が固まり一切の操作ができなくなる

次のように調査をしましたが、結局原因は不明でした:

  1. 仮想マシン上(VMWare)にWindows 10 Pro (build 18363.900)をクリーンインストール
  2. pythonの環境としてAnacondaを用いた
    > conda info
    conda version : 4.8.3
    conda-build version : 3.17.8
    python version : 3.7.3.final.0
    
  3. VSCodeはポータブル版を新たに取得して実行 (version 1.47.2)
    • settings.jsonは空(python.jediEnabled,python.languageServerの設定はしていない)です
  4. 拡張機能として ms-python.python のみをインストール
    • v2020.1.58038 をインストールしたとき、先述の現象は起きない(普通に使える)
    • v2020.1.58038 より後のバージョン(v2020.2.62710以降)をインストールしたとき、先述の問題が発生

いずれのケースでも、vscodeの操作が可能になれば、実行やデバッグ、intellisense等、動作に問題はありません。
これ以上は自分の知識では調べられなかったので、なにか追加で原因を調べるための方法、もしくは解決策などをご存知でしたらお教え頂ければ幸いです。また、情報に不足があればご指摘ください。

以上、よろしくお願いいたします。

追記 2020/08/01

procmonで調べてみては、というアイデアをいただいたので調べてみたところ、次のことがわかりました。

  • この問題が発生するとき(拡張機能のバージョンがv2020.2.62710以降のとき)、Cドライブ全体C:\WINDOWSディレクトリをスキャンするようなアクセス(QueryDirectoryなど)が大量に現れる
  • 上記のアクセスはv2020.1.58038をインストールしているとき、もしくは拡張機能を無効にしたときは現れない

このことから、あるバージョン以降ではなにかを検索するためにCドライブをスキャンするようなコードになってしまったのではないかと考えられます。

| この質問を改善する | |
  • 該当の拡張機能は、現時点で最新版 = "2020.7.96456" のようですが、こちらを試してもNGということでしょうか? – cubick 7月27日 15:39
  • はい。v2020.2.62710以降の(すべてではありませんが)いくつかのバージョンについても検証しましたが、2020.7.96456も含めて同じ症状です。2020.1.58038の直後になにか変更があったのではないか、と想像しているのですが、拡張機能の開発者でないので変更履歴をみてもよくわかりませんでした…。 – saitok 7月27日 17:14
  • もし可能であれば、設定の python.jediEnabledpython.languageServer があるか、あれば何に設定されているかを 編集 して追記いただけませんでしょうか。 – nekketsuuu 7月28日 16:16
  • Language Server 周りで無ければ、Python バイナリを探すのに環境によっては時間がかかるという issue がいくつか立っていて、そのうちのひとつはまさに v2020.2.62710 での事象だったので関係しないかなあ、と思っています。関係しそうな issue の例: #11528#11924#12342 / 一方 v2020.2.62710 は python.languageServer が追加される変更がなされたバージョンでもあるので、Language Server 関係の可能性もあるなと思っています: github.com/microsoft/vscode-python/releases/tag/2020.2.62710 – nekketsuuu 7月29日 17:32
  • settings.jsonは空(python.jediEnabled,python.languageServerの設定はしていない)です。この設定を変えてみて変化があるかは試してなかったので、後ほどやってみます。 – saitok 7月30日 1:25
1

拡張機能のソースをいじる方法ですが、一応対処する方法が見つかったので紹介します。
この現象の原因はsrc/clinet/pythonEnvironments/discovery/locators/sevices/KnownPathService.tsにおいて、環境変数PATHC:\WINDOWS\System32が含まれているとき、このディレクトリをlookForInterpretersInDirectoryを経由してreaddirするため、(C:\WINDOWS\System32は単純にファイル数が多いので)処理に時間がかかっているためです。実際、次のようなコードでC:\WINDOWS以下のディレクトリをPATHから取り除けば、今回の問題は発生しませんでした:

diff --git a/src/client/pythonEnvironments/discovery/locators/services/KnownPathsService.ts b/src/client/pythonEnvironments/discovery/locators/services/KnownPathsService.ts 
index 5dd284cc1..3e3a17d19 100644
--- a/src/client/pythonEnvironments/discovery/locators/services/KnownPathsService.ts
+++ b/src/client/pythonEnvironments/discovery/locators/services/KnownPathsService.ts
@@ -95,9 +95,14 @@ export class KnownSearchPathsForInterpreters implements IKnownSearchPathsForInte
         const platformService = this.serviceContainer.get<IPlatformService>(IPlatformService);
         const pathUtils = this.serviceContainer.get<IPathUtils>(IPathUtils);

+        // ignores C:\\WINDOWS, C:\\WINDOWS\\System32
+        const ignoreWinDirFilter = platformService.isWindows
+            ? (p: string): boolean => !/:\\WINDOWS/i.test(p)
+            : (_: string): boolean => true;
+
         const searchPaths = currentProcess.env[platformService.pathVariableName]!.split(pathUtils.delimiter)
             .map((p) => p.trim())
-            .filter((p) => p.length > 0);
+            .filter((p) => p.length > 0 && ignoreWinDirFilter(p));

         if (!platformService.isWindows) {
             ['/usr/local/bin', '/usr/bin', '/bin', '/usr/sbin', '/sbin', '/usr/local/sbin'].forEach((p) => {

(このdiffはコミットc3af16de版からの差分です)

ただ、これらのディレクトリはPATHに既定で入っている気がするので、私の環境だけこういう現象が起きるのはなぜなのかはわかりませんでした。これ以上はどうしたらいいかわからないので、とりあえず個人的にはこの編集したローカルリポジトリをextensionsディレクトリに配置して使うことにしました。

もし同じ障害に遭遇した方がいらっしゃれば、助けになれば幸いです。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする