-1

ToruNiina/toml11 というtomlのparserを使いたいのですが、どうやらこのライブラリは .hpp だけで構成されるヘッダーオンリーというものらしいのです。これをcmakeでインクルードする方法を教えてください!

そもそも上記のライブラリの場合、具体的にどのフォルダやファイルを自分の環境に置けばいいのでしょうか?
toml.hppファイルとtomlフォルダの二点でしょうか?
また、それらはどのように配置したらよいのでしょうか

  • 何をダウンロードして
  • どのように配置すればいいのか
  • Cmakeはどうしたらいいのか(多分include_directoryで指定すればいいとは思うんですが)

を教えてください。 m(_ _)m

| この質問を改善する | |
1

vcpkgというパッケージマネージャを使うのはどうでしょうか? toml11にもDetoursにも対応しているのでパッケージとして追加するだけです。

| この回答を改善する | |
  • ありがとうございます。パッケージマネージャーは欲しいと思っていたので、今から試しに入れてみます – kotton 7月24日 15:42

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする