2

ネットワークではアドレス範囲の指定にサブネットマスクとワイルドカードマスクがありますが、これらの違いはなんですか?

192.168.1.0/24255.255.255.0でも0.0.0.255でも変わらないのでサブネットマスクがあれば、ワイルドカードマスクは必要ないのではないかと思っています。

| この質問を改善する | |
1

こんにちは、はじめまして。

一例となると思いますが、二つを組み合わせて、CISCOのネットワーク機器でIPベースでののアクセス制御(ACL)を実現するために組み合わせて利用されているようです。

サブネットマスクは左から右にビットが連続している必要が(RFC4632 3.1)あり、ワイルドカードマスクにはその仕様がありません。そのため特定のオクテットが奇数のサブネットには通信を通すなどの制御ができます。

必要かどうかというと多分に主観的な話となりますが、実装されている処理系が存在するということは、実務上は必要なケースがあるのではないでしょうか。

https://tools.ietf.org/html/rfc4632#section-3.1
https://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/app_ntwk_services/waas/waas/v511/command/reference/cmdref/ext_acl.pdf

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする