3

離散ウェーブレット変換の計算量はO(N)で、高速フーリエ変換の場合はO(N log N)になるそうですが

離散ウェーブレット変換の式も Σ(シグマ記号:summation)が2つのため二重ループになり
O(N^2)になると思うのですが、なぜ、O(N)になるのですか?

  • 4
    「離散ウェーブレット変換の式も Σ(シグマ記号:summation)が2つ」はどの式を指していますか?(もし多重解像度解析のDWT定義をさすのなら、そもそも対象が2次元データなのでΣ2つはO(N)に相当します) – yohjp 15年2月22日 12:50

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。