0

AWS上のEC2(東京リージョン)からインターネットへのアクセス、インターネットからのアクセスができません。
正確に言うと起動直後はアクセスできるのですが、15分ほど経つとアクセスできなくなります。
但し、EC2インスタンスに対するSSH(22)やEC2からのSSH(22)は安定してアクセスできます。
調査観点など教えていただけると助かります。

実施したのは以下となります。
・VPCを作成
・VPCにインターネットゲートウェイをアタッチ
・ルートテーブルには0.0.0.0/0をインタネットゲートウェイに設定
・ネットワークACLはインバウンド・アウトバウンド共に全てOK
・セキュリティグループはSSH(22),HTTP(80),HTTPS(443)のインバウンドOK、アウトバウンドは全てOK
(補足情報)
米国東部リージョンにて同じ設定を行ったEC2へのアクセス、そのEC2インスタンスからのアクセスは安定しています。

調査したのは以下です。
[起動直後]
yum update可能
ルートテーブル確認

# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
default         ip-10-0-0-1.ap- 0.0.0.0         UG    100    0        0 eth0
10.0.0.0        0.0.0.0         255.255.255.0   U     100    0        0 eth0

ルートをトレース

# tracepath www.google.co.jp
 1?: [LOCALHOST]                                         pmtu 9001
 1:  ip-10-0-0-1.ap-northeast-1.compute.internal           0.182ms pmtu 1500
 1:  no reply
 2:  no reply
 3:  no reply
 4:  no reply
 5:  no reply
 6:  no reply
 7:  100.65.11.65                                          0.484ms
 8:  27.0.0.159                                            0.869ms
 9:  52.93.72.179                                         10.148ms asymm 14
10:  52.95.31.64                                           1.055ms asymm 13
11:  52.95.31.147                                          6.853ms asymm 13
12:  54.239.53.46                                         18.003ms asymm 14
13:  52.93.250.250                                        13.072ms asymm 16
14:  150.222.90.38                                         5.261ms asymm 19
15:  54.239.53.247                                         2.561ms asymm 18
16:  no reply
17:  no reply
18:  no reply
19:  no reply
20:  no reply
21:  no reply
22:  no reply
23:  no reply
24:  no reply
25:  no reply
26:  no reply
27:  no reply
28:  no reply
29:  no reply
30:  no reply
     Too many hops: pmtu 1500
     Resume: pmtu 1500

フローログでは22だけでなく、80,443などもACCEPT

[起動 15分後]
yum updateはタイムアウト
ルートテーブル確認

# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
default         ip-10-0-0-1.ap- 0.0.0.0         UG    100    0        0 eth0
10.0.0.0        0.0.0.0         255.255.255.0   U     100    0        0 eth0

ルートをトレース

tracepath www.google.co.jp
 1?: [LOCALHOST]                                         pmtu 9001
 1:  no reply
 2:  no reply
 3:  no reply
 4:  no reply
 5:  no reply
 6:  no reply
 7:  no reply
 8:  no reply
 9:  no reply
10:  no reply
11:  no reply
12:  no reply
13:  no reply
14:  no reply
15:  no reply
16:  no reply
17:  no reply
18:  no reply
19:  no reply
20:  no reply
21:  no reply
22:  no reply
23:  no reply
24:  no reply
25:  no reply
26:  no reply
27:  no reply
28:  no reply
29:  no reply
30:  no reply
     Too many hops: pmtu 9001
     Resume: pmtu 9001

フローログでは22はACCEPTであるが、80,443などはREJECT

4
  • 問題の切り分けをさせてください。同じVPC内からは該当EC2へのポートへのアクセスはできますか? – keitaro_so 20年7月20日 0:23
  • コメントありがとうございます。同じVPC内の別EC2からのアクセスは特に問題なく、時間の経過関係なくアクセスできております。 – user41139 20年7月20日 3:53
  • REJECTということは、セキュリティグループやACLが怪しいんですが、APIやCLIで動的に変更しているということは無いですかね? – take88 20年7月22日 17:46
  • 少なくとも意図的に変更するような実装はしておりません。クラウドインフラ側から怪しいパケットなどの判断によりシャットダウンされている可能性もあるということでしょうか。 – user41139 20年7月24日 12:37

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする