1

C#のJsonデータのデシリアライズについての質問となります。
連番された項目名のオブジェクトをListにしてデシリアライズする良い方法がないか、調査中です。
良い方法があれば、ご教授して頂ければと思います。

前提
例えば、これまでは下記のような一部が配列となるjsonを処理する必要があり、

{
    "textData": "textVal",
    "numData" : 123,
    "objData": [
        {
            "hogeText": "hogeTextVal1",
            "hogeNum" : 1,
            "hogeobj": {
                "hoge": "hogeVal1",
                "hage": "hageVal1"
            }
        },
        {
            "hogeText": "hogeTextVal2",
            "hogeNum" : 2,
            "hogeobj": {
                "hoge": "hogeVal2",
                "hage": "hageVal2"
            }
        },
        {
            "hogeText": "hogeTextVal3",
            "hogeNum" : 3,
            "hogeobj": {
                "hoge": "hogeVal3",
                "hage": "hageVal3"
            }
        }
    ]
}

下記Entityクラスを準備して、「JsonSerializer.Deserialize(json);」(namespace: System.Text.Json)でデシリアライズを行っていました。
※課題が解決できれば、デシリアライズの方法にこだわりはありません。

public class entity
{
    public class Root
    {
        public string textData { get; set; }

        public long numData { get; set; }

        public ObjDatum[] objData { get; set; }
    }

    public class ObjDatum
    {
        public string hogeText { get; set; }

        public long hogeNum { get; set; }

        public Hogeobj hogeobj { get; set; }
    }

    public class Hogeobj
    {
        public string hoge { get; set; }

        public string hage { get; set; }
    }
}

質問
前提のような一部配列のjsonではなく、下記のようにオブジェクト名が連番で変動するデータの場合、前提と同様にデシリアライズ時にListにする方法はありますか。
(前提の配列objData部が、objData1、objData2、objData3...ようになる)

{
    "textData": "textVal",
    "numData" : 123,
    "objData1": {
        "hogeText": "hogeTextVal1",
        "hogeNum" : 1,
        "hogeobj1": {
            "hoge": "hogeVal1",
            "hage": "hageVal1"
        }
    },
    "objData2": {
        "hogeText": "hogeTextVal2",
        "hogeNum" : 2,
        "hogeobj2": {
            "hoge": "hogeVal2",
            "hage": "hageVal2"
        }
    },
    "objData3": {
        "hogeText": "hogeTextVal3",
        "hogeNum" : 3,
        "hogeobj3": {
            "hoge": "hogeVal3",
            "hage": "hageVal3"
        }
    }
}

実際には3つだけではなく、数10、数100というobjDataがあるため、1つずつクラスを作成する方法は避けたいと思っています。
また、ネストされたhogeobjも連番で項目名が変動いたします。デシリアライズされた後にListをさらに処理・加工するため、プロパティ名は揃っていて欲しいです。

以上、よろしくお願いいたします。

| この質問を改善する | |
新しい参加者
keimasu0107 は新しい参加者です。さらなる説明を求めたりコメントや回答の仕方についてお願いするときは、思いやりを持つよう心がけましょう。 行動規範をどうぞご参照ください。
1

payanecoさんもおっしゃっている通りスッキリした書き方はできませんね。

オーバーフロー JSON の処理という機能を使うと対応するプロパティのない要素をDictionaryとして取得することができます。これを利用して、次のようにクラス定義します。

public class Root{
    public string textData { get; set; }
    public long numData { get; set; }

    [JsonExtensionData]
    public Dictionary<string, JsonElement> ExtensionData { private get; set; }

    public Dictionary<string, ObjDatum> objData
        => ExtensionData.ToDictionary(p => p.Key, p => JsonSerializer.Deserialize<ObjDatum>(p.Value.GetRawText()));
}

public class ObjDatum {
    public string hogeText { get; set; }
    public long hogeNum { get; set; }
    public Hogeobj hogeobj { get; set; }
}

public class Hogeobj {
    public string hoge { get; set; }
    public string hage { get; set; }
}

ExtensionData という不要なプロパティが見えてしまいますが、 objData プロパティを参照すると再度デシリアライズして Dictionary<string, ObjDatum> を得ることができます。

| この回答を改善する | |
0

構成が複雑なので、ある程度ゴリ押しのコードで達成することになると予想しています。
私が思いついた方法は以下の2つです。

  1. JsonDocumentでネストを深掘りする方法
  • サンプルコードのParseElephantメソッドです
  1. JsonExtensionDataAttributeである程度動的に値を取得する方法
  • サンプルコードのParseClassメソッドです

Json内部で入れ子になっているJsonをJsonConverterでカスタム変換できれば良かったのですが、動的な名称の項目に適用する方法が見つかりませんでした。

サンプルコード

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text.Json;
using System.Text.Json.Serialization;

namespace ConsoleApp1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            ParseElephant();
            ParseClass();
        }

        /// <summary>
        /// JsonDocumentを使いながらJsonを深掘りしてプロパティを補完する手法
        /// </summary>
        private static void ParseElephant()
        {
            // objData 以外をざっくり作成
            Root root = JsonSerializer.Deserialize<Root>(JSON_TEXT);
            var doc = JsonDocument.Parse(JSON_TEXT);
            root.objData = doc.RootElement.EnumerateObject()
                .Where(x => x.Name.StartsWith("objData"))     // Jsonキーが "objData" から始まるもの
                .Select(elm =>
                {
                    // Rootと同様に hogeobj 以外をざっくり作成
                    ObjDatum objDatum = JsonSerializer.Deserialize<ObjDatum>(elm.Value.GetRawText());
                    // 上のLinqと同様の深掘り手法
                    using var hogeDoc = JsonDocument.Parse(elm.Value.GetRawText());
                    var prop = hogeDoc.RootElement.EnumerateObject()
                                .First(x => x.Name.StartsWith("hogeobj"));    // Jsonキーが "hogeobj" から始まるもの
                    objDatum.hogeobj = JsonSerializer.Deserialize<Hogeobj>(prop.Value.GetRawText());
                    return objDatum;
                })
                .ToList();
            Console.WriteLine(JsonSerializer.Serialize<Root>(root));
        }

        /// <summary>
        /// クラスメソッドからJsonSerializerを呼び出してプロパティを補完する手法
        /// </summary>
        private static void ParseClass()
        {
            using var doc = JsonDocument.Parse(JSON_TEXT);
            var root = JsonSerializer.Deserialize<Root2>(JSON_TEXT);
            //プロパティは正しく取れる
            Console.WriteLine(root.ObjData[0].hogeobj.hoge);
            //シリアライズすると求めるフォーマットから離れる
            Console.WriteLine(JsonSerializer.Serialize<Root2>(root));
        }

        const string JSON_TEXT = @"{
    ""textData"": ""textVal"",
    ""numData"" : 123,
    ""objData1"": {
        ""hogeText"": ""hogeTextVal1"",
        ""hogeNum"" : 1,
        ""hogeobj1"": {
            ""hoge"": ""hogeVal1"",
            ""hage"": ""hageVal1"" 
        }
    },
    ""objData2"": {
        ""hogeText"": ""hogeTextVal2"",
        ""hogeNum"" : 2,
        ""hogeobj2"": {
            ""hoge"": ""hogeVal2"",
            ""hage"": ""hageVal2"" 
        }
    },
    ""objData3"": {
        ""hogeText"": ""hogeTextVal3"",
        ""hogeNum"" : 3,
        ""hogeobj3"": {
            ""hoge"": ""hogeVal3"",
            ""hage"": ""hageVal3"" 
        }
    }
}";
    }

    public class Root
    {
        public string textData { get; set; }

        public long numData { get; set; }

        public List<ObjDatum> objData { get; set; }
    }

    public class ObjDatum
    {
        public string hogeText { get; set; }

        public long hogeNum { get; set; }

        public Hogeobj hogeobj { get; set; }
    }

    public class Hogeobj
    {
        public string hoge { get; set; }

        public string hage { get; set; }
    }

    public class Root2
    {
        [JsonPropertyName("textData")]
        public string TextData { get; set; }

        [JsonPropertyName("numData")]
        public long NumData { get; set; }

        [JsonIgnoreAttribute]
        public List<ObjDatum2> ObjData
        {
            get
            {
                return ExtensionData.Values
                  .Select(v => JsonSerializer.Deserialize<ObjDatum2>(v.GetRawText())).ToList();
            }
        }

        [JsonExtensionDataAttribute]
        public IDictionary<string, JsonElement> ExtensionData { get; set; }
    }

    public class ObjDatum2
    {
        public string hogeText { get; set; }

        public long hogeNum { get; set; }

        [JsonIgnoreAttribute]
        public Hogeobj hogeobj
        {
            get
            {
                return JsonSerializer.Deserialize<Hogeobj>(ExtensionData.Values.First().GetRawText());
            }
        }

        [JsonExtensionDataAttribute]
        public IDictionary<string, JsonElement> ExtensionData { get; set; }
    }
}

出力結果

{"textData":"textVal","numData":123,"objData":[{"hogeText":"hogeTextVal1","hogeNum":1,"hogeobj":{"hoge":"hogeVal1","hage":"hageVal1"}},{"hogeText":"hogeTextVal2","hogeNum":2,"hogeobj":{"hoge":"hogeVal2","hage":"hageVal2"}},{"hogeText":"hogeTextVal3","hogeNum":3,"hogeobj":{"hoge":"hogeVal3","hage":"hageVal3"}}]}
hogeVal1
{"textData":"textVal","numData":123,"objData1":{"hogeText":"hogeTextVal1","hogeNum":1,"hogeobj1":{"hoge":"hogeVal1","hage":"hageVal1"}},"objData2":{"hogeText":"hogeTextVal2","hogeNum":2,"hogeobj2":{"hoge":"hogeVal2","hage":"hageVal2"}},"objData3":{"hogeText":"hogeTextVal3","hogeNum":3,"hogeobj3":{"hoge":"hogeVal3","hage":"hageVal3"}}}

前者のParseElephantは冗長ですが、再度Jsonにシリアライズした時にobjDataはきれいな配列になります。
後者のParseClassの方が一見コードはきれいに見えますし、プロパティの値は問題なく取得できますが、Jsonにシリアライズすると動的なキー名称はそのままです。

| この回答を改善する | |

回答

keimasu0107 は新しい参加者ですので温かく迎えましょう。行動規範 をどうぞご参照ください。

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする