1

私は、Laravel Novaを使用した開発を進めております。
直面した問題とは、データベースに保存する際の日本語が文字化けする問題になります。

以下、私の開発環境になります。

  • Laravel 7.14.1
  • Nova 3.6.0
  • PHP 7.3.11
  • MySQL 5.7.22
  • Amazon Linux release 2
  • Chrome 81.0.4044.138

問題が発生するまでのシナリオは以下になります。

  1. データベースの作成 (照合順序 :UTF8mb4 Unicode)
  2. モデルとマイグレーションファイルの作成 (テーブル名は「Area」とします。)
php artisan make:model Area --migration
  1. 「area」のマイグレーションファイルに、4列 (id, name, created_at, updated_at)を追加し、マイグレートします。

  2. Novaの管理画面で使用するモデルリソースを定義します。

php artisan nova:resource Area
  1. Novaのモデルリソースファイルに以下のスクリプトを追加して修正します。
public function fields(Request $request){
  return [
   ID::make()->sortable(),
   Text::make('Name')
    ->sortable()
    ->rules('required', 'max:24')
  ];
}
  1. Novaの管理画面のインプットフォームから日本語のデータを挿入します。今回はデータとして「北海道」を記述します。管理画面より日本語を入力

  2. 「Areaを作成」をクリック後、保存されたデータを確認すると文字化けてしまいました。 保存されたデータが文字化け

以上が、私の直面している問題になります。

参考になる記事をいくつか見つけることができました。例えば「Laravel 5 Model $cats to array utf-8 JSON_UNESCAPED_UNICODE」です。こちらの記事では、対象のModelに「asJson」 関数を上書きするという記事でしたが、まったく動きませんでした。

他のサイトで掲載されていた記事「Laravelのjson応答でユニコードのエスケープをやめさせる」は、とても有効な記事かと実践してみましたが動かず、ミドルウェアを作成して解決する「[Laravel] JSONレスポンスのUnicodeエスケープ無効化はミドルウェアで!」を実践してもダメでした。

問題の解決は、インプットフォームでPOSTされた日本語を、データベースに保存する際に、Jsonに書き換えられるときのエスケープを止めることにあるような気がしています。ただし、私がLaravelとNovaをまだ理解しきれていない故に、どのファイル、どの関数を修正したら解決できるのかが、今一歩進めていない状況です。

現在、Laravel Novaを導入されている方で、日本語を使用している環境を構築されているか
方、このような問題をすでに解決されている方がおりましたら、ご教授いただけると幸いです。

何卒よろしくお願い致します。

| この質問を改善する | |
2

自己解決しました。
原因は、php.iniの設定項目「mbstring.encoding_translation」によるものでした。
初期設定では、「On」になっていますが、「Off」にすることで、文字化けを解決することができました。
JSONの文字化けというより、Formアクションでの文字化けでした。

たわいもないミスで恥ずかしいばかりですが、ここに記します。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする