0

前置き

トランザクション分離レベルの設定方法ですがSpringならメソッド毎に@Transactionalをつければカジュアルに設定できます。Railsでも ApplicationRecord.transaction(isolation: :read_committed) do endで囲うなどカジュアルに設定できます。

トランザクション分離レベル - Wikipediaには「並列トランザクションを並べた時に起こりうる正常ではない現象(phenomena)とanomalies」が記載れています。

質問

ネットにはよく SERIALIZABLE 同士の例を参考に、ダーティリードファジーリードファントムリードも起こらないと説明されていますが、READ UNCOMMITTEDを先にしているところにSERIALIZABLEのトランザクションがやってくるとどうなるのでしょうか? よく考えて設計すればこんなことはしない気がしますが、あとからコードをカジュアルに足したときに書いてしまいかねない気もしているので、どうなるのか知りたいです。(とはいえ考える組み合わせが多すぎるので、都度しっかり考えてトランザクション分離レベルを設定することになるのでしょうか。 多いと言っても4*4=16通り?)

参考

Rails でトランザクション分離レベルを設定する方法 - Hack Your Design!
Springでトランザクション管理 - Qiita

| この質問を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする