0

目的

Googleスプレッドシートに、適当な画像を作成してそこへスクリプトを割り当てをし実行することで、
GCP pub/subへメッセージの公開を行いたい。

以上の目的を満たすために
Google Pub/Sub Cron Job using Google Apps Script
のサイトを参考に作成した。

構成

スプレッドシートという多数の人が見る環境を想定し、Googleのアカウントの認証が必要な状態で作成したい。
その為に、スクリプトの作成をGASのライブラリ機能を用いてプロジェクトを分けて作成していく。

spreadsheet内部プロジェクト --> pubsubを行うためのプロジェクト(GCPのサービスアカウントのキーやIDが含まれている。)

というように呼び出しを行なって作成していく。
pubsubを行うプロジェクト内部は上記のサイトを参考に作成した。


ソース

スプレッドシートのプロジェクト

function myFunction() {
  spreadsheet.myFunction()
}

pubsubを行うためのプロジェクト
test.gs

function myFunction() {
  var data = 'Hello';
  var attr = {
    id: 'myid',
    value: 'someValue'
  };
  pubsub('GCPのプロジェクト名','pubsubを行うためのトピック名', attr, data);
}

service.gs

function getService() {
  return OAuth2.createService('Pubsubを行うサービスアカウント名')
  .setAuthorizationBaseUrl('https://accounts.google.com/o/oauth2/auth')
  .setTokenUrl('https://accounts.google.com/o/oauth2/token')
  .setClientId(CLIENT_ID)
  .setClientSecret(CLIENT_SECRET)
  .setCallbackFunction('authCallback')
  .setPropertyStore(PropertiesService.getUserProperties())
  .setScope(['https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform','https://www.googleapis.com/auth/pubsub','https://www.googleapis.com/auth/script.external_request'])
  .setParam('access_type', 'offline')
  .setParam('approval_prompt', 'force')
  .setParam('login_hint', Session.getActiveUser().getEmail());
}
function authCallback(request) { 
  var service = getService();
  var isAuthorized = service.handleCallback(request);
  if (isAuthorized) {
    return HtmlService.createHtmlOutput('Success! You can close this tab.');
  } else {
    return HtmlService.createHtmlOutput('Denied. You can close this tab');
  }
}
// Reset the service
function reset() {
  var service = getService();
  service.reset();
}
var CLIENT_ID = '.....apps.googleusercontent.com(クライアントのID)';
var CLIENT_SECRET = '....(クライアントのkey)';
/**
* Logs the redirect URI to register.
*/
function logRedirectUri() {
  var service = getService();
  Logger.log(service.getRedirectUri());
}

pubsub.gs

function pubsub(project, topic, attr, data) {
  var ss = SpreadsheetApp.getActive();
  var service = getService();

  if (!service.hasAccess()) {
    var authorizationUrl = service.getAuthorizationUrl();
    var template = HtmlService.createTemplate(
      '<a href="<?= authorizationUrl ?>" target="_blank">Authorize</a>. ' +
      'Reopen the sidebar when the authorization is complete.');
    template.authorizationUrl = authorizationUrl;
    var page = template.evaluate();
    SpreadsheetApp.getUi().showSidebar(page);

  } else {
    var url = 'https://pubsub.googleapis.com/v1/projects/[PROJECT]/topics/[TOPIC]:publish'
    .replace("[TOPIC]", topic)
    .replace("[PROJECT]", project);

    // The data attribute is of 'string' type and needs to be base64 Encoded!
    var body = {
      messages: [
        {
          attributes: attr,
          data: Utilities.base64Encode(data)
        }]
    };    

    var response = UrlFetchApp.fetch(url, {
      method: "POST",
      contentType: 'application/json',
      muteHttpExceptions: true,
      payload: JSON.stringify(body),
      headers: {
        Authorization: 'Bearer ' + service.getAccessToken()
      }
    });

    var result = JSON.parse(response.getContentText());
    var message = JSON.stringify(result);
   return {
      log: message
    }
  } //end of if
}

以上のように作成しました。

問題点

スクリプトを実行すると、スプレッドシート内部にウィンドウが生成され
認証するための URLが出現し、その中でユーザを選択することができるが

スクリプト関数が見つかりません: authCallback

と表示されてこの関数が呼び出されない。
以下の画像のように許可する画面を選択すると、上記エラーがでてしまう。
ログインする際の許可の画像

試したこと

authCallbackが存在しているのにも関わらずスクリプト関数がないのは不思議なので
service.hasAccess()でずっとアクセスができていない事から、
認証周りができていないのではないかと考え、OAuthのバージョンを最新版にしたり、鍵が間違えていないかを確認した。

pubsubへ送るためのメッセージはなんでも良いので今回

data = "Hello"

とし、

attr =  id: 'myid',value: 'someValue'

と設定している。

また、function authCallback内部をその他サイトで参照したが、基本的な構成はOAuth2のgithub
を参照もした。このサイトの一番下にあるトラブルシューティングからスコープの設定も必要と言うことだったので、この設定もgas内部に組み込んでいる。

1
  • Thanks a lot. I googled a lot of sample, but only your scripts works – dio lee 1月9日 4:37

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする