0

たとえば、株式会社はてなのサービス群のように、様々なサービスを展開しながら、その認証基盤(ユーザーID管理)は共通化されているようなウェブアプリケーション(群)を実装したいとします。それぞれのサービス自体は Rails や django で素直に実装すれば良さそうだと考えています。

このような開発を行うとき、この認証基盤をどのように実装するべきかが、自明ではないな、と思いました。

質問

モダンなウェブ開発において、自社開発の複数ウェブアプリの共通認証基盤を実装するとき、その実現方式のパターンにはどのようなものがありますか? また、この制約化においてはどのパターンの実現方法がベターだと考えられますか?

自分がパッと考えついたパターンには:

  1. OAuth を認証基盤で実装する
  2. firebase を参考に jwt ベースで認証を行う
    (これは、サーバー・クライアントでの責務分割が、自分の中では非自明だな、とは思っていて、考察できていないと思ってはいます)

の2つがありますが、他にもあるかもしれませんし、上記2つについても pros/cons がちょっと曖昧なので、質問しています。

| この質問を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする