4

Wikipediaには、

内部実装
LinuxにおけるUNIXドメインソケットは、バッファ(メモリ)への書き込みと読み込みという非常にシンプルな仕組みで実装されている。

Linuxカーネルのlinux/net/unix/af_unix.c(GitHub mirror)に実装される。SOCK_STREAMの場合、カーネル内部ではソケットバッファへのメッセージコピー・peerがもつsk_receive_queueのtail、受信側のsk_data_ready呼び出し、を繰り返すことでデータを転送する。

UNIXドメインソケットは単一マシン上のIPCが前提である。ゆえにTCPのようなプロトコルスイートは不要であり、プロトコルの重層が生むデータの入れ子構造を持たない。またネットワークに由来するパケットロスや到達順序保証の対応も必要ないため、バッファread/writeというシンプルな仕組みで実装されている。結果として高効率なIPCが可能となっている。

とありますが、再送や到達順序保証などTCPの一般的なそれが無いならば、SOCK_STREAMとSOCK_DGRAMの違いは何になりますか?

| この質問を改善する | |
  • 2
    TCP通信かUDP通信かの違い以外の何かに疑問を感じているように見えます。疑問に感じている点を質問に追記すると回答を得られやすくなるかと思います。 – user20098 5月14日 9:15
3

再送や到達順序保証などTCPの一般的なそれが無いならば、SOCK_STREAMとSOCK_DGRAMの違いは何になりますか?

ユーザプログラム側から見える通信路の挙動(セマンティクス)が異なります。

  • SOCK_STREAM:ストリーム指向。送受信ソケットは連続的なバイトデータとして扱うため、上位プロトコルを用いてメッセージ区切りを表現する必要があります。
  • SOCK_DGRAM:データグラム指向。送受信ソケットは一定の塊(データグラム)単位で扱うため、データ区切りを直接観測できます。

BSDソケットでは「ユーザプログラムから見える通信路の振る舞い」と「実際の通信プロトコル」を分離しています。一般的なIPベースプロトコル(AF_INETなど)では、SOCK_STREAM を TCP で実現し、SOCK_DGRAM を UDP で実現しています。UNIXドメインソケット(AF_UNIX)は下位レイヤをIPC(プロセス間通信)で実現しつつ、SOCK_STREAMSOCK_DGRAM の振る舞いをユーザプログラム側に提供しています。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする