-1

Visual Studio 2017を使用しています。

ユーザマクロを以下のように指定しています。
画像の説明をここに入力

それで、プロジェクトのライブラリのパス指定に以下のように、ユーザマクロを
使用しているのですが、ビルドできません。

画像の説明をここに入力

上図各ライブラリのプロパティの相対パスにユーザマクロを使用しているのですが、
ビルドすると、ユーザマクロを認識していないようです。

どこが、間違っているのでしょうか?

3

継続して調べていて現象は判明したと思われます。

結局、IDE画面右下の Xxxxファイルのプロパティの相対パスにはマクロは使えない ということでしょう。

該当ファイルプロパティの絶対パスを全て展開して良く見るとわかりますし、プロジェクトのフォルダパスを短くすると直ぐ明確にわかるでしょう。

例えばC:\Work\TestProがプロジェクトのフォルダであった場合、相対パスを$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libにすると、絶対パスはC:\Work\TestPro\$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libとなります。

そうして、それは存在しないパスとファイルであり、質問の2つ目のスクリーンショットでは、該当ファイルのアイコンに黄色い三角の!マークが付いていて、無効な指定であることを示しています。

前回の質問&回答で、Xxxxファイルのプロパティの完全/相対パスが有効な値に見えると書いたのは間違いでした。 後で修正しておきます。


なお、例えここでユーザーマクロが有効であったとしても、指定しているのが 相対パス であるため、基点となるフォルダがプロジェクトのフォルダであり、そこに絶対パスであるマクロを記述して展開されたとしても有効なパスにはなり得ないということで、2重の意味で使えない訳です。

前回回答のように、リンカの「追加のライブラリディレクトリ/追加の依存ファイル」を設定する方法に変更するのであればユーザーマクロを適用出来ますが、ソリューションエクスプローラーペインのリストに該当ファイルを記載したままにするのであれば、ユーザーマクロを適用することは出来ない 、と考えられます。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする