1

テキストベースのログ解析(fluentd)をやっており、机上検討にてはgrepで正規表現の検討をしているのですが、
ゆくゆくはfluentd登録をする上で処理方式の違いを確認しておりました。

①の場合は処理A
②の場合は処理B
いずれでもない場合は処理C
※処理Cには文字列が何も含まれないケースも想定されます。

この場合、awkやsedなら「.*」で処理Cを救えると考えているのですが、(この時点で間違っていたらすみません)
rubyでもどうようの条件でしょうか?いくつかの参考サイトも調べたのですが、余計に頭が混乱してしまいました。。

すみませんが、よろしくお願いいたします。

| この質問を改善する | |
0

「あらゆるものにマッチする正規表現」についてだけ回答します。(fluentd については知らないので「いずれでもない場合は〜」を表現するのに「あらゆるものにマッチする正規表現」を用いるのが適切かどうかはわかりません)

Ruby においてもそれは .* も該当しますが、それ以外には ^ や空文字列 (これも正規表現の一つ) が考えられます。正規表現エンジンやそれを利用する処理系にも依存しますが、一般的にはこの中で一番効率がいいのは空文字列、次に ^、最も効率が悪いのは .* です。

Ruby なら以下を実行してみるとわかると思います。(環境によりますが数分かかると思います)

#!/bin/sh
time ruby -e 'x="foo"; 1000000000.times {x=~//}'
time ruby -e 'x="foo"; 1000000000.times {x=~/^/}'
time ruby -e 'x="foo"; 1000000000.times {x=~/.*/}'

ちなみに sed(1) だと .* はほかのと比較して猛烈に遅いですし、空文字列を指定する方法はないようです。(\(\) が該当すると言えるかもしれないが、これも ^ より遅い。GNU sed 調べ)

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする