1

このようなDockerfileを見ていたのですが、chownをしている所がありました。

FROM alpine:3.11

RUN adduser -D -u 1000 server
COPY --from=builder /go/src/simple-udp/server /home/server/server
RUN chown -R server /home/server && \
    chmod o+x /home/server/server

USER 1000
ENTRYPOINT ["/home/server/server"]

こういったchownはどういう意味で行っているのでしょうか。
私はアクセス権限の話に疎く、一般的な意味でchownの使い所がわからないのですが、一般的な用法はどのようなものなのでしょうか。

| この質問を改善する | |
4

chown に限らずLinuxでのアクセス権限は、対象のファイルやディレクトリへのアクセスを許可または禁止する仕組みになります。

Linuxでは複数ユーザーでの利用が前提なので、仮にファイルの所有者やアクセス権限という考え方が無かった場合、あなたが作った大事なファイルが別の誰かに勝手に書き換えられたり、最悪だと削除されてしまう可能性が出てきます。

また、人間のユーザーに限らずLinux上で動くプログラム(サーバ/デーモン)に対しても個別の "ユーザー" としての権限を割り当てておくことで、大事なファイルをユーザーが書き換えてしまう…といった事故を防ぐことができます。

ファイルに対するアクセス権限や所有者は、「ファイルの保護」や「責任の所在」を明確にするための仕組みと考えてみてください。

| この回答を改善する | |
2

(一般的な用法を尋ねられているので質問の意図とは異なるかもしれませんが…)

今回のコンテナは、server実行ファイルをserverユーザ(だけ)が実行するものなので、
ファイルをserverユーザのホームディレクトリ /home/server に置くのが自然だ、ownerも serverユーザに変更しておくのが自然だ、と実装者が考えた結果そうなっているだけかと思います。

serverユーザに対して実行権限が付与されていれば、ownerはrootユーザのままでも支障ないかと考えます。
要するに、今回の chown に必然性はない、ということです。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする