0

: は記法の一つで、与えられるデータタイプを意味していると分かりましたが、
一番右の -> List[int] の意味が分かりません。

class Solution:
    def twoSum(self, nums: List[int], target: int) -> List[int]:
| この質問を改善する | |
1

戻り値の型を表しています。intのListで返るということですね。

typing --- 型ヒントのサポート

バージョン 3.5 で追加.
以下の関数は文字列を受け取って文字列を返す関数で、次のようにアノテーションがつけられます:

def greeting(name: str) -> str:
    return 'Hello ' + name

関数 greeting で、実引数 name の型は str であり、返り値の型は str であることが期待されます。サブタイプも実引数として許容されます。

| この回答を改善する | |
  • 初めてみて驚きましたが、そういうことだったのですね。なかなかみる機会もなく記号だとgoogleで出てこなかったので助かりました。ありがとうございます。 – sapcal000 4月26日 5:45
1

関数の戻り値に対する型ヒントとなります
詳細は下記のリンクを参照してください。

https://www.python.org/dev/peps/pep-3107/#return-values

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする