0

普段、 emacs の設定ファイル群を編集する際には、 emacs 自身でそれを行なっています。今、普段と大きく構成が異なる init.el に対して、これを実際に試しながら、必要とあれば修正をかけていきたいと思っています。その試行錯誤を行う際に利用するエディタには、 emacs を用いて、かつ普段使いの設定でもってこれを行いたいと考えています。

具体的にどういうことかというと、 Spacemacs を使ってみたいのですが、いきなりこれでもって emacs 設定ディレクトリである .emacs.d を置き換えるのは学習曲線が急すぎると思っているので、

  1. 普段の emacs で spacemacs の init.el を編集する。
  2. 別プロセスで emacs を立ち上げ、 spacemacs の設定を読み込ませ、 spacemacs としての挙動を確認する

を実行したいな、と思っています。

これを行うにあたり、しかし、自分の知る限り .emacs.d の場所を切り替えながら emacs を起動する手法を自分は知らないので、これは果たしてこういうことは実現できるのだろうか、と思っている次第です。

質問

このような設定ファイル(.emacs.d/init.el)の編集ワークフローを実現したいときに、これができる手法・ツールなどはありますか?

| この質問を改善する | |
1

まず/path/to/init.elに以下のように記述します。

(when load-file-name
  (setq user-emacs-directory (file-name-directory load-file-name)))

起動時にこのelをロードしてやれば、~/.emacs.dの代わりに/path/toを設定ディレクトリとして使うことができます。

% emacs -q -l /path/to/init.el

とはいえ~/.emacs.dなどがハードコードされていないことが前提(代わりにlocate-user-emacs-fileなどを使うべき)なので、spacemacs等が絶対に機能するとは言い切れないところがあります。

| この回答を改善する | |
0

部分的な回答ですが、--no-init-file オプションを使うと初期化ファイルを読み込まずに Emacs を起動できます。

https://www.gnu.org/software/emacs/manual/html_node/emacs/Initial-Options.html

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする