0

Zsh の prompt expansion はどのタイミングで行われますか? 特に、他の通常の expansion と比較してどの順番で行われますか?

たとえば Bash 3.2.57 では、次のように長さを調べる関数にプロンプト用のエスケープが渡すと、エスケープが展開された後の長さが返ってきます。

bash-3.2$ pwd
/tmp/prompt
bash-3.2$ cat set_prompt.bash
length ()
{
    echo "${#1}"
}

PS1='$(length \w) \w$ '
bash-3.2$ source ./set_prompt.bash 
11 /tmp/prompt$ 

しかし Zsh 5.7.1 で同様のことをすると、prompt expansion を展開する前に長さを調べているような挙動をします。

prompt % pwd
/tmp/prompt
prompt % cat ./set_prompt.zsh
set -o PROMPT_SUBST

length ()
{
    echo "${#1}"
}

PS1='$(length "%d") %d$ '
prompt % source ./set_prompt.zsh 
2 /tmp/prompt$ 

つまり、Bash と Zsh でプロンプト用の expansion の展開タイミングが違うような気がしています。

Zsh の prompt expansion はどのタイミングで行われるのでしょうか? 上のように Bash と差異があるようなのですが、Bash 同様 command expansion より先に prompt expansion を行うにはどうすれば良いのでしょうか。

| この質問を改善する | |
0

Zsh のドキュメントには以下のように書かれています。

If the PROMPT_SUBST option is set, the prompt string is first subjected to parameter expansion, command substitution and arithmetic expansion.

したがって、これら 3 つの expansion が行われた後 prompt expansion が行われるようです。

prompt expansion を先に行いたい場合、 print -P が使えます。

prompt % pwd 
/tmp/prompt
prompt % cat ./set_prompt.zsh
set -o PROMPT_SUBST

length ()
{
    echo "${#1}"
}

PS1='$(length "$(print -P %d)") %d$ '
prompt % source ./set_prompt.zsh
11 /tmp/prompt$ 
| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする