3

$ git checkoutした時の挙動について私の見解が合っているかご教示ください。

以前に編集したAブランチを、別の人が編集し、さらに再び私が編集することになったのですが、

$ git fetch
$ git checkout A-brunch

とした時に、
「あれ?マージしてないのになんかローカルに反映されてる??」
と混乱したので調べて自分が行き着いた見解です。

見解

  1. ブランチとはコミットの連なりではなく、最新のコミットを示しているもの。
  2. まずfetchをしているのでリモートの最新状況を表すものがローカルに存在している。
  3. 2のあとでcheckoutしているので最新のAブランチ、つまり最新のコミットに切り替わった。
  4. Aブランチが最新なので、HEADもそこにあるし、ローカルも最新になっている。

以上が調べて出した答えだったのですが、これで合っているでしょうか?
そしてもしこれが正解であれば、gitはcheckoutするときに追跡ブランチの中もみて
整合性を保って最新コミットに移動してくれるということでしょうか?
よろしくお願いいたします。

| この質問を改善する | |
6

ブランチとはコミットの連なりではなく、最新のコミットを示しているもの。

認識のとおりです。公式ではポインタという表現をしています。
Git-ブランチ機能-ブランチとは

まずfetchをしているのでリモートの最新状況を表すものがローカルに存在している。

こちらも認識の通りローカルにリモートの状態を保持する、
リモート追跡ブランチというものが存在します。
Git-ブランチ機能-リモートブランチ

2のあとでcheckoutしているので最新のAブランチ、つまり最新のコミットに切り替わった。
Aブランチが最新なので、HEADもそこにあるし、ローカルも最新になっている。

最新のコミットに切り替わるのは$ git checkout branchのコマンドに隠れたショートカットがあります。
通常はそのブランチに切り替えるだけの機能なのですが。

もし、ローカルにその名前のブランチが存在せず、リモート追跡ブランチに同じ名前のブランチが存在している場合、

$ git checkout -b branch --track origin/branch

のショートカット機能が発動します。
そのため、質問者さんが確認されているように、すでにリモートに存在するコミットのHEADであるブランチが作られることになります。

参考
Git-git-checkout

ぜひ公式のサイト(英語も含んじゃいますが)を確認しつつ学んでみてください。

| この回答を改善する | |
  • なるほど!ローカルにブランチがなかったら、リモート追跡ブランチから見つけて新しく作ってくれるということですね! ついつい英語のサイトは飛ばしてしまいますが、やはり公式はちゃんと読むべきですね。ありがとうございました。 – manmaru 3月24日 8:22

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする