0

Laravelで以下のライブラリを使い、
Firebaseのstorageにファイルがアップできることは確認しました。

https://github.com/kreait/laravel-firebase

公式ドキュメント
https://firebase-php.readthedocs.io/en/stable/cloud-storage.html
(このサイト、全然参考にならなくないですか?)

コードはこのような形です。

storage = app('firebase.storage');
$bucket = $storage->getBucket();
$object = $bucket->upload(
    fopen(public_path().'/storage/thumbnail/'.$file->hashName(), 'r')
);

firebaseのstorageをコンソールから確認すると、アップしたファイルは存在するのですが、
開こうとすると、読み込み状態になり画像自体を確認することはできません。

1.ファイルはアップされているのに、見ることができない、
  公開URLも生成されていないのはなにかアップする際にオプションの指定や、
  Firebase側でパーミッションなどの設定が必要なのでしょうか?

2.もし公開状態でアップできたら、公開URLを取得するにはどうしたらよいでしょうか?

公式ドキュメントや、ソースを確認したのですが行き詰まってしまったため、アドバイスいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

| この質問を改善する | |
0

自己解決しました。

以下のサンプルのコードを参考にしました。
https://github.com/jeromegamez/firebase-php-examples

$storage = app('firebase.storage');
$bucket = $storage->getBucket();
$object = $bucket->upload(
    fopen(public_path().'/storage/thumbnail/'.$file->hashName(), 'r'),
    [
  'predefinedAcl' => 'publicRead'
    ]
);
$downloadUrl = "https://storage.googleapis.com/".$bucket->name().'/'.$object->name();

オプションを追加し、アップロード。
ダウンロードURLも取得できました。

ただし、Firebaseのコンソールで、アップされた画像を見ようとすると読み込み表示になり表示されません。
この部分はバグなのかなぁ。。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする