2

以下の3つの処理を同時にスタートさせたいのですが、どうすればよいでしょうか。
個々のコマンドは以下の通りです。

1:ファイル名を指定して、en0(wi-fiのポート)を対象に30秒(-G30)キャプチャを1回(-
w1)実施。

tcpdump -Ini en0 -w test1.pcap -W1 -G30 &

2:ファイル名を指定して、同時にeth0(Etherのポート)を対象に30秒(-G30)キャプチャを1回(-w1)実施。

tcpdump -Ini eth0 -w test1.pcap -W1 -G30 &

3:スループット測定実施(30秒)

iperf -c 192.168.1.2 -i 1 -t 30 -f m >> DL1.txt
  • 2
    tcpdump -Ini en0 -w test1.pcap -W1 -G30 & tcpdump -Ini eth0 -w test1.pcap -W1 -G30 & iperf -c 192.168.1.2 -i 1 -t 30 -f m >> DL1.txt & とすると良いかと思います(&で繋いでいくだけです)。まぁ、「完全に同時なのか?」と聞かれるとツラいですけど。 – user4986 15年2月12日 11:21
2

heliac2001氏おっしゃった通り、&で繋いでいくだけも同時に実施出来る。

python -c'import time; print repr(time.time())' & python -c'import time; print repr(time.time())' & python -c'import time; print repr(time.time())' &

でも同時に、ビジーウェイトという方法もあります。

startTime=$(($(date +%s)+2));
(while [ $(date +%s) -lt $startTime ]; do continue; done; python -c'import time; print repr(time.time())' )&
(while [ $(date +%s) -lt $startTime ]; do continue; done; python -c'import time; print repr(time.time())' )&
(while [ $(date +%s) -lt $startTime ]; do continue; done; python -c'import time; print repr(time.time())' )&

ちょっと統計もして参りました。

&で繋がるの場合:
  実行時間差(平均)  :0.000140023秒
  実行時間差(標準偏差):0.000159186秒

ビジーウェイトの場合:
  実行時間差(平均)  :0.000125468秒
  実行時間差(標準偏差):0.000125655秒

 
 
つまり。。。ビジーウェイトの方が&で繋がるの方より。。。
ちょ〜っと信頼出来るかもしれないね〜(笑)
 

2

以下は回答ではないのですが、kaho 氏の実行時間差の話が興味深いので便乗することにしました。

 xargs コマンドには -P(--max-procs) オプションがあります。マルチコアな環境であれば、このオプションで同時開始の精度も高くなるのではないかと思い試してみました。
 まず、テストを行うシステムのコア数は 6 個です。Hyper threading を有効にしている場合なら 12 個になりますが、ここでは物理コア数で行います。

$ lsb_release -a
Description: CentOS release 6.6 (Final)
$ grep "cpu cores" /proc/cpuinfo
cpu cores: 6

以下の bash スクリプトを実行します。

for ((j=0;j<100;j++));
do
  for ((i=0;i<6;i++));
  do
    echo "date +'%s.%N'"
  done | 
  xargs -P 6 -n 1 -I{} bash -c {} | 
  sort -nr | 
  sed -n '1h;${H;x;s/\n/-/;p}' |
  bc -l
done |
datamash --header-out min 1 max 1 mean 1 sstdev 1 

 date コマンドの %Nnano second 単位の時刻です。date コマンドをコア数と同じだけ実行します(bash -c 経由ですが)。
 それぞれの date コマンドの出力(時刻)の最大値と最小値の差を計算しています。つまり、最初に実行された date コマンドと最後に実行された date コマンドの時間差(latency)を求めています。
 そして、xargs コマンドを 100 回実行した結果の平均値などを表示します(単位は second)。

xargs -P 6
==========
min(field-1) max(field-1) mean(field-1) sstdev(field-1)
0.000452984  0.00209947   0.00073452719 0.00037394411115865

 それでは xargs -P 1 の場合はどうなるのでしょうか。

xargs -P 1
==========
min(field-1) max(field-1) mean(field-1) sstdev(field-1)
0.015791057  0.016713646  0.01611698115 0.00028451781566438

平均値で言えば、-P 6 では 0.7 ms、-P 1 では 16 ms となっていて、意外と違いがあるものですね。同じ様にして、date コマンドを & で繋いだ場合の結果は以下です。

.. & .. &
==========
min(field-1) max(field-1) mean(field-1) sstdev(field-1)
0.011146015  0.012019075  0.01146450092 0.00010309165719037

ただ、xargs -P で並列実行する場合は偏差が(相対的に)大きく、その点が気になりますね(理由は色々と思い付きますけれども)。

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする