0

現在、仕事の関係にてExcelファイルの内容を自動で書き換えるプログラムを作成していますが、
その前段階にて該当のExcelファイルにマクロが含まれているか判定する様にしています。

そのマクロの判定段階で該当のExcelファイルが破損する事があります。(2019年8月辺りから月に1000ユーザー中5件程度発生し始めている)
原因の検討が付かず困っている状態です。

また、破損したファイルをExcelで開こうとすると、「原紙名:ファイル形式が正しくありません。」とのメッセージが表示され開く事や修復も出来ない状態です。

下記にOLEを操作して、Excelファイルのマクロ有無を判定するコードをお伝えいたします。
Excelファイルのマクロ判定には、Delphi言語にて行っております。


Excelファイルのマクロ判定コード

function MacroCheck(gensi: string): boolean;
var
   PrnFileName:array[0..255] of Char;
   i: Integer;
begin
   strpcopy(PrnFileName, gensi);
   try
      if XlsOpenBook(PrnFileName, nil, i) then begin
         XlsAddSheet(1);
         if not XlsDelSheet(0,XlsGetSheetCount-1) then begin
            //マクロ有り
            Result := True;
         end
         else begin
            //マクロ無し
            Result := False;
         end;
      end
      else begin
         Result := False;
      end;
   finally
      XlsCloseBook(False);
   end;
end;
| この質問を改善する | |
1

XlsOpenBook / XlsCloseBookなどの名称からExcelCreator APIが使われていると見受けられます。

OLEもExcelも使用されていないようですので、環境を確認し、ExcelCreatorが使われているのであれば製造元に問い合わせるべきです。

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする