0

VisualStudio2019、c#、UWPで、Pythonスクリプトを呼び出して実行したいのですが、
Web上で公開されているコードで試した結果、例外(アクセスが拒否されました。)が発生する。

参考にしたwebサイトは、https://www.gis-py.com/entry/csharp-py です。

var pythonInterpreterPath = @"C:\Users\xxx\AppData\Local\Programs\Python\Python37\python.exe";
var pythonScriptPath = @"D:\BW\tes01.py";
var arguments = new List<string>
{
    pythonScriptPath,
    "arg1",
    "arg2"
};

var process = new Process()
{
    StartInfo = new ProcessStartInfo(pythonInterpreterPath)
    {
        UseShellExecute = false,
        RedirectStandardOutput = true,
        Arguments = string.Join(" ", arguments),
        },
    };

    process.Start();

例外の詳細:

System.ComponentModel.Win32Exception
  HResult=0x80004005
  Message=アクセスが拒否されました。
  Source=System.Diagnostics.Process
  スタック トレース:
   at System.Diagnostics.Process.StartWithCreateProcess(ProcessStartInfo startInfo)
| この質問を改善する | |
0

コメントで紹介した記事と、さらにその前段記事の組み合わせで動作させられるようです。
確認したわけでは無いのと2年前の記事なので変わっているかもしれないので、これらを参考に試してみてください。
ポイントになりそうなところを抜粋しておきます。詳細は記事を参照してください。

Desktop Bridge のアプリで UWP から同じパッケージ内の exe を起動する方法

プロジェクトの設定
LaunchApp プロジェクトのアプリケーションの右クリックメニューから参照の追加で、LaunchApp.UWP と LaunchApp.WPF を追加します。

マニフェストへの exe の登録
LaunchApp プロジェクトの Package.appxmanifest を右クリックしてコードの表示をします。
Package タグに以下の xml 名前空間を追加します。

そして、Application タグの下に Extensions タグを以下のように追加します。
ここに登録した exe が起動できます。注意点は1つしか登録できないところですかね。(多分)

UWP から exe の起動
まず、FullTrustProcessLauncher クラスを使うのですが、これはデスクトップデバイスファミリーのみで使えるので参照に追加します。
参照の追加で Universal Windows → 拡張 の中にある Windows Desktop Extensions for the UWP にチェックを入れます。

exe を起動するきっかけのボタンを MainPage.xaml に置きます。

MainPage.xaml.cs で以下のコードを書きます。

FullTrustProcessLauncher.LaunchFullTrustProcessForCurrentAppAsync() で先ほど定義した Extension の exe が起動します。

DesktopBridge アプリで UWP アプリと Win32 アプリの連携方法

起動は出来たら次したいことは連携ですよね。ということでしてみましょう。
仕組み
UWP の AppService を使ってやるのがお勧めです。
アプリ サービスと拡張機能の使用
UWP 側で AppService を作っておいて、それを介して WPF などの Win32 アプリと UWP のアプリが連携するようにします。 なのでこんな感じで動くような雰囲気ですね。

  • UWP アプリ起動
  • Win32 アプリ起動
  • Win32 アプリから AppService へ接続
    • UWP アプリ側で AppService が起動する
  • 接続を介してやり取り

私が最後に UWP を勉強したときは別プロセスで AppService が起動してたような気がするのですが最近は UWP アプリと同じプロセスで可能になっててびっくりしました。
ホスト アプリと同じプロセスで実行するようにアプリ サービスを変換する
App.xaml.cs の編集

WPF 側の実装
あとは MainWindow でクリックされたときに AppServiceConnection を作って繋ぎに行ってます。

コード
プロジェクトは GitHub に公開しています。GitHub のほうのコードは、ここでのコードをちょっと改造して UWP -> WPF 方向の通信も追加しています。
runceel/DesktopBridgeAppService


ちなみに、起動する exe が UWPアプリのAppXフォルダ(UWPアプリと同じフォルダということ?)に入っている必要があるようなので、PyInstallerとかで exe 化した方が良いかもしれません。
UWP LaunchFullTrustProcessForCurrentAppAsync - EXE file not found

As Mentioned in the official sample the exe file has to in the Appx folder of your project

Make sure the RebootPC.exe was copied to the Appx folder - UWP\bin\x64\Release\AppX if not rebuild the solution or copy it manually.

公式サンプルで言及したように、exeファイルはプロジェクトのAppxフォルダーにある必要があります

RebootPC.exeがAppxフォルダー(UWP \ bin \ x64 \ Release \ AppX)にコピーされていることを確認します(ソリューションを再構築しない場合、または手動でコピーする場合)。

DesktopBridgeToUWP-Samples/Samples/AppServiceBridgeSample/

他参考に。
UWP:FullTrustProcessLauncher で起動したプログラムに引数を渡す

| この回答を改善する | |

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする