0

JavaScriptで掛け算する際に、+を変数名につける意味って分かる方いますか?

以下の場合、calc1とcalc2は同じ結果になりますが、おまじない的な何かでしょうか?

class Data {
  constructor(val1, val2) {
    this.val1 = val1
    this.val2 = val2
  }
  calc1() {
    return this.val1 * this.val2
    }
  calc2() {
    return this.val1 * +this.val2 // <-- ここが理解できない
    }
}

const data = new Data(100.12, 141.24)

data.calc1()
// => 14140.948800000002
data.calc2()
// => 14140.948800000002
// 同じ結果になっている
|この質問を改善する|||||
3

これではないですかね。(太字は引用者)

単項加算 (+) - JavaScript | MDN

単項加算演算子はオペランドの前に置かれてオペランドを評価しますが、数値ではない値を数値に変換しようとします。 単項負値 (-) も数値ではない値を変換できますが、単項加算は数値に対して何も操作しないため最速であり、なんらかの値を数値に変換するための好ましい方法です。 整数や浮動小数点数の文字表現に加えて、文字列ではない値 true、false、null も変換できます。10 進数および 16 進数 (接頭辞 "0x") 表記の整数をサポートします。負の数もサポートします (ただし 16 進数表記を除く)。個々の値を解釈できない場合は、 NaN に評価されます。

|この回答を改善する|||||

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする