5

unix系コマンドのオプション引数の多くはハイフン2つで先行され、ハイフン一つはその省略形となるかと思います。
( --force-f など )
対してfindのオプション引数は -name-exec など一つのハイフンになっています。
これには何か、由来や思想があるのでしょうか。

我ながら子供みたいな質問だとおもいますが、どうしても気になってしまいました。
ご存知の方おられたら何卒ご教示ください。

|この質問を改善する|||||
5

ハイフン2つで始まるオプション形式は、GNU ProjectがUNIX互換コマンドをリリースしたころに現れたものです。

Linuxが広まる前のUNIX OSに付属のコマンドは、オプションをハイフン1つで始めるのが慣習でしたので、
そのころから存在するfindコマンドもオプションはハイフン1つにしているのでしょう。

#Linux distribution(CentOS, Ubuntu等)では、findもGNU Project製の互換コマンドですが。
#Linux distributionで見かけるコマンドの多くはGNU Project製のコマンドなので、質問のように感じるものと思います。

|この回答を改善する|||||
  • ありがとうございます。納得できました。 – user28998 2月8日 13:44

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする