0

現在、Ansibleについて勉強中の者です。プログラミングもほぼ初心者レベルです。

Ansibleで複数のLinuxサーバへの設定変更を行えるように検証を進めています。
・複数のターゲットに異なる設定を行い、サービスやOSの再起動を行いたい。
・将来的にはエクセルからplaybopokの作成をし、利用者が簡単に行えるようにと考えております。

以下のようなやり方を考えましたが上手くいきません。
ターゲットのアドレスを変数にし、別ファイルに作成して呼び出すやり方です。
ターゲット分のファイルは必要になりますが簡単に作成できるかと思いました。
呼び出すファイルにモジュールのパラメータ値も変数として格納したら同じように呼び出そうとしたがうまくいきません。

以下に実際の構文を載せます。この内容で設定値まで一緒に変数として格納はできないのでしょうか。もしくはモジュール内ファイル/変数の呼び出しが必要になるのでしょうか。。。
プログラミング、構成管理ツール等お詳しい方アドバイスを頂けないでしょうか。

・inventoryファイル
Client01

・Client01.yml
---
ipaddr: 192.168.0.1
new_ipaddr: 172.16.0.10
new_prefix: 24
new_gateway: 172.16.0.200

・playbook.yml
---
- hosts: all
  vars_files:
    - vars/{{ansible_hostname}}.yml
  tasks:
  - name:ipv4設定
 lineinfile:
    dest: /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    line: "{{ item }}"
  with_items:
    - IPADDR="new_ipaddr"
    - PREFIX="new_prefix"
    - GATEWAY="new_gateway"

●余談
最初はimport_playbookで簡単にできるかと思ったのですが読み出し元のplaybookにはhost指定ができませんでした。
読み出し先は基本はいじらず、読み出し元に対象や必要な読み出しplaybookの変更をすれば簡単とも思いやりましたが簡単にはいきませんね。。。

| この質問を改善する | |
0

ホスト毎(ターゲット毎)に変わる値は、host_vars が利用できます。

inventory に書いたホスト名と同じファイル名の yaml ファイルを host_vars ディレクトリに置いておくことで、対象のホストをターゲットにした時のタスクは、host_vars の yaml ファイルの設定を使います。

ホスト毎(ターゲット毎)に変わる値は、この様に対処はできると思いますが、質問にあるような接続しているホストのIPアドレスを変更するようなタスクは、また別の問題があると思います。

./inventory

[servers]
client01 ansible_host=192.168.56.30 ansible_user=ansible
client02 ansible_host=192.168.56.31 ansible_user=ansible

もし、IPアドレスを変えるような場合は、ansible 用の管理LANと、実際に設定する運用LANのIPアドレスの様な感じにするのが楽だとは思いますが…(やりたいこととは違うようにも)

./playbook.yml

---
- hosts : all

  tasks :
  - name : test setting.
    lineinfile :
      dest   : "/tmp/test_setting"
      line   : "{{ item }}"
      create : yes
    with_items :
    - IPADDR="{{ new_ipaddr }}"
    - PREFIX="{{ new_prefix }}"
    - GATEWAY="{{ new_gateway }}"

./host_vars/client01.yml

---
new_ipaddr  : 172.16.1.10
new_prefix  : 24
new_gateway : 172.16.1.200

./host_vars/client01.yml

---
new_ipaddr  : 172.16.2.10
new_prefix  : 24
new_gateway : 172.16.2.200

playbook 実行

$ ansible-playbook -i inventory playbook.yml

PLAY [all] *****************************************************************************************************

TASK [Gathering Facts] *****************************************************************************************
ok: [client02]
ok: [client01]

TASK [test setting.] *******************************************************************************************
changed: [client02] => (item=IPADDR="172.16.2.10")
changed: [client01] => (item=IPADDR="172.16.1.10")
changed: [client02] => (item=PREFIX="24")
changed: [client01] => (item=PREFIX="24")
changed: [client02] => (item=GATEWAY="172.16.2.200")
changed: [client01] => (item=GATEWAY="172.16.1.200")

PLAY RECAP *****************************************************************************************************
client01                   : ok=2    changed=1    unreachable=0    failed=0    skipped=0    rescued=0    ignored=0
client02                   : ok=2    changed=1    unreachable=0    failed=0    skipped=0    rescued=0    ignored=0
| この回答を改善する | |
  • 回答ありがとうございます。ファイルを修正し実行してみたら上手くいきました。確かに管理用NWは別に持っておいた方がいいですね。 – go_sc30 2月11日 17:24

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする