0

https://tanuhack.com/operate-spreadsheet/#Python

このサイトを参考に、Pythonプログラムからスプレッドシート上にデータを書き込む操作を行っています。

上記ページ内情報によると「1回のプログラムで設定できる最大値は1,000件まで」なのですが、その場合スプレッドシートに対して1つのプログラムだと1000個のセルまでしか操作できないことになってしまいます。
それ以上の個数のセルに対して操作を行いたい場合、1000個の処理毎に別のプログラムに分けてアクセスし操作を行うしかないのでしょうか。

| この質問を改善する | |
0

回答

上限を超えた操作をすべきではありませんが、
1000個の処理毎に別のプログラムに分ける必要はないと思います。
ただし、他に制限があり、そちらは考慮すべきです。

参考にされたページの情報源(と思われるページ)

https://tanuhack.com/operate-spreadsheet/#Python」の情報源は、確証はありませんが、「API リクエストの制限と割り当て」ではないでしょうか。

以下は引用(抜粋)です。

一般的な割り当て制限

以下の割り当ては Management API、Core Reporting API v3、MCF Reporting API、Metadata API、User Deletion API、Real Time Reporting API に適用されます。

  • プロジェクトごとの 1 日あたりのリクエスト数は 50,000 件(引き上げ可能)。
  • IP アドレスごとの 1 秒あたりのクエリ数(QPS)は 10 件。
    • API Console には、ユーザーごとの 100 秒あたりのリクエスト数という類似の割り当て制限があります。デフォルトでは、ユーザーごとに 100 秒あたり 100 件のリクエストに設定されています。設定できる最大値は 1,000 件です。ただし、API に対するリクエスト数は、ユーザーごとに 1 秒あたり 10 件までに制限されています。
    • アプリケーションが、すべての API リクエストを 1 つの IP アドレスから行う(つまり、ユーザーに代わってリクエストを行う)場合は、ユーザーごとに QPS が上限まで割り当てられるように各リクエストで userIP パラメータまたは quotaUser パラメータを使用してください。詳しくは、標準クエリ パラメータの概要をご覧ください。

考慮すべき制限

質問された方が参考にされたページでも言及されているようですが、次の制限値を考慮する必要があると思います。

API リクエストの制限と割り当て」に記載されている制限値

  • 100 秒あたりのリクエスト数100件
  • API に対するリクエスト数は、ユーザーごとに1秒あたり10件までに制限されています。
| この回答を改善する | |
  • ありがとうございます。 自分でも試してみた所、1,000件は大幅に上回るリクエストを送ることができたので、どうやら1,000件という制限はないし従って分割する必要もないのですね。 (結局ブログ記事にある「1回のプログラムで設定できる最大値は1,000件まで」は正しくないということなのでしょうか…) – ins 1月28日 0:12
  • 「API リクエストの制限と割り当て」に書いてある制限「100 秒あたり 100 件のリクエストに設定されています。設定できる最大値は 1,000 件です。」をinsさんが参考にされたブログでは「1回のプログラムで設定できる最大値は1,000件まで」と表現したのではないかと推測しました。プログラムを分けたかはgoogleにとって知りようのないことで、それが制限になるのはおかしいとも考えました。insさんの質問で私もスプレッドシートを使ってみようかなと思いました。 – akira ejiri 1月28日 5:27

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする