1

Python,DjangoでWEBシステムを開発しています。

ローカル環境でコーディング、動作確認後に、リモートサーバーへデプロイして、本番環境へ新たな動作を追加するという手順で開発しています。

Djangoでは、データベースに関係するmodelファイルに変更がある場合、それを反映させるためにmakemigrationsmigrateコマンドの実行が必要になりますが、ローカル環境で動作確認済みのプロジェクトをデプロイし、本番環境のサーバーでmigrateすると実行できません。

実行できない時の症状(必要な時はmigrationsファイルをmergeしてから行います):

 No migrations to apply.

この表示が出た場合、本番環境のデータベースのテーブルを、一度全て削除すると、上の表示はなくなり新しい内容を反映させる事ができますが、本番環境のデータベースには、すでに運用に使用しているデータがあるため、削除する方法はとりたくない状況です。
(問題が起きる際、migrationsのファイルは削除して、makemigrationsで再度作成するのは構いません)

本番環境でmigrateを行い、上記の症状になった時に、データベースの情報を消さずに反映させる方法はありますでしょうか?


上記の表記となる原因として考えられる事は、
例えば)

migrations
__ 0001_initial.py
__ 0002_auto_20200116_1200.py
__ 0003_auto_20200116_1230.py
__ 0004_auto_20200116_1245.py
__ 0005_auto_20200116_1255.py
__ _int_.py

migrationsフォルダの中が、このような内容になった場合、ローカルの環境では、新しいファイルができるごとにmigrateを行いますが、本番環境では1度だけのmigrateの実行になる事です。

models.pyの内容を頻繁に変更しながら、コーディングする際は、makemigrationsを行う度に、本番環境にデプロイし、migrateする事が難しく、ローカルの環境である程度の単位でmodels.pyの変更、動作確認を行ってから、本番環境に反映させたいと思っています。

●開発環境(ローカル、リモート共に)
Python: 3.7.5
Django: 2.2.2

回答

“回答を投稿”をクリックすることで利用規約プライバシーポリシー、及びクッキーポリシーに同意したものとみなされます。

のタグが付いた他の質問を参照するか、自分で質問をする